Occultic;Nine -オカルティックナイン- 1話考察&感想 先行上映会行ってきました【ネタバレ注意】

オカルティック・ナイン

本日行われたOccultic;Nine -オカルティックナイン-の先行上映会に当選したので参加してきました。

今回も考察と感想を書いていきます。

放送前なのでネタバレ注意ということで。

Occultic;Nine -オカルティックナイン- 1話考察&感想

オカルティック・ナイン

*出典:公式サイト

先行上映会の感想

私は午後の部に参加してきました。

まずゲストの方のトーク、その後1話上映会という流れでした。

ちなみに午前の部は先に上映だったらしいです。

 

トークで得られた情報は

  • 吉祥寺が舞台。実際にある店や公園が使われている。
  • 伏線いっぱい。何気ないセリフや表情も重要。
  • OPEDがカッコイイ

先行上映なのでそこまで具体的な情報はありませんでしたが、

できるだけ気をつけて見ておいた方が楽しめそうということはわかりました。

 

OPEDは確かにカッコ良かったです。

特にEDはかなり良かった。

 

音響が良いとは言えず慣れるまでに時間がかかった。

聴き逃したセリフ多そうだし、本放送が始まったらもう一度見ないとな。

[mobile]

[admo]

[/mobile]

1話の第一印象

オカルト関連の推理がメインと見せかけてかなりギャグが多いです。

最初はオカルティックナイン独特のノリについていくのが大変です。

前半15分で脱落者がそこそこいそう。

ですが慣れると楽しめますし、今では2話が楽しみです。

[mobile]

[admo]

[/mobile]

1話はキャラクター紹介

1話はキャラクターの紹介がメインな感じでした。

世界観の描写もありましたがそれ以上にキャラクターの紹介に重点を置いてる感じでした。

 

 

我聞悠太

主人公でキリキリバサラというオカルトブログを運営しています。

一攫千金を狙っている割りには行動力がないように見える。

成沢稜歌

キリキリバサラ運営を手伝っています。

公式サイトの通りとにかくムネが大きい。もはやオカルト。

謎の光線を出す銃を使ってる。これはオカルトなのでは?

 

基本はこの二人がメインで物語が進行していくようです。

この二人のギャグ的なノリに最初ついていけないかも。

どんなノリかはCVあやねるで想像できると思う。

 

相川実優羽

動画サイトで有名な占い師。

テレビに出演した時に成沢が自分達の学校で見かけたことを我聞に言う。

表向きはキリキリバサラのネタのために会いに行ったところ、

相川も占いで我聞と一緒にいるといいという結果が出たので探していたと言う。

結果、キリキリバサラの運営が3人になりました。

 

和泉公平

我聞達が通うカフェ・ブルゥムーンのマスター。

オカマで我聞にはキモいと認識されている。

 

キリキリバサラのためにオカルト関連の調査へ。

和泉の勧めで(多分成沢と相川の二人は)黒魔術代行屋に行くことになる。

別行動で我聞は霊を研究している橋上教授を尋ねる。

 

ここからは我聞たちが会ってない登場キャラクターについて。

澄風棟子

オカルト雑誌ムムーの編集者。

橋上教授に取材してたみたい。

あまり出てないのでまだ情報は少ない。

紅ノ亞里亞

黒魔術代行屋を営んでいる。

髪の毛があればその人を呪えるらしい。

1話で客が来たので呪いを行ったが効果が出たのかは不明。

幽霊?と一緒に居た。

オカルティックナインの世界はオカルトが実在する世界で確定のようだ。

この世界の常識は現実世界と同じくオカルトなんて非科学的なものはないという世界だけど。

店のポストに髪の毛を含めた頭皮が入れられてた。

黒魔術の影響だろうけど、何かの事件か?

 

他にも何人か出てきたけどほぼチラ見せだったのでどんなキャラかまではわからなかった。

 

最後に橋上教授にアポなしで会いに行った我聞だったが、

教授の部屋で(多分)遺体となった橋上教授を見つける。

これがきっかけで物語が動き出しそう。

[pc]

[adpc]

[/pc]

まとめ

最初からオカルティックナインの世界のノリで始まるので慣れないと見辛そう。

しかし、終わる頃には早く先が見たいとなったので面白いと思う。

まだ何も起こってないに近いですが、実は色々起こってそうな感じがワクワクでした。

どんな感じでオカルトを扱っていくのか楽しみです。

 

ほぼタダでアニメのBDなどを買う方法↓

Divvee

[mobile]

[admo]

[/mobile]

 

オカルティック・ナイン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

新品価格

¥5,623から

(2016/10/11 23:47時点)

この記事もオススメ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA