2016秋アニメ アイドルメモリーズ 1話考察&感想 アニメと声優のトーク番組の融合

アイドルメモリーズ

2016秋アニメが始まって2日目ですね。

今回はアイドルメモリーズの考察と感想を書きます。

アイドルメモリーズはアニメパートと声優パートに分かれているので、

アニメパートを中心に声優パートにも触れていこうと思います。

アイドルメモリーズ 1話考察&感想

アイドルメモリーズ

*出典:公式サイト

アイドルメモリーズ全体の印象

アイドルメモリーズはアニメパートと声優パートに分かれているとのことで、どのような構成になるのか気になっていました。

思った以上にシンクロしてました。

昨今のアイドル声優ブームの需要を満たしつつアイドルアニメとして構成されているので展開としては面白いなと思いました。

 

ただ、アニメが他のアイドルアニメと比べて

突出して面白い訳でもないので流行るかは微妙ですね。

アイマスやラブライブが売れた理由はアニメが面白かったことが大きいと思うので、そこをぬかると厳しい印象。

アニメ自体はまだ1話だし面白くなりそうな要素はあったので今後に期待かな。

アニメ1話感想

VRを利用したアイドルって面白い設定なんだけどあまり活かしきれてない印象。

冒頭のゲーム部分を上手く行かせれれば面白くなりそう。

 

アイドルメモリーズの世界でのアイドルの状況や学園の様子などが1話でだいたいわかったのは良い作りだと思います。

ギャグも多めだったので良かった。

 

怪我のくだりを1話でやる必要があったのか疑問。

キャラクターの性格とかがまだほとんどわからない状況なのに、

怪我されてもあまりシリアスにならないというか。

それよりはキャラをもっと掘り下げて欲しかった。

 

ダンスシーンは普通。

ラブライブと同程度なのを凄いと見るべきかは微妙なところ。

VR設定なのに観客からはどう見えているのかよくわからなかったのはマイナス。

VRの時点でライブ会場を再現する必要ないのだから色々工夫して欲しい。

 

ストーリー自体はアイドル数の多さから

なかなかカオスな感じになりそうだし、ちょっと期待。

声優パートの感想

アニメ終了直後に声優パートに移るのはなかなか上手いと思った。

1話だからアニメ紹介みたいなものをやったんだと思うけど、

今後どんなコーナーをやるのかは気になるところ。

 

思った以上にアニメと連動していたので良かった。

多分アニメより長かったのでそれはどうなんだって感じだけど。

 

最後に次回のアニメの告知をするのは上手いと思った。

キャラが予告に出るのと同じ感じで声優がやるのは、わざわざハイブリッドにした意味があるね。

 

スポンサーリンク

まとめ

現状では今後に期待程度の面白さですが、期待できそうな要素はあったので次回を見てから判断でも遅くないかな。

キャラにもっと焦点を当てるだけでも良くなりそうなんだけど次回がどうなるか次第かな。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA