装神少女まとい 2話考察&感想 やっぱり纏創解除したら脱げるのか

装神少女まとい

2話で神懸りや纏創についてわかるかと思いましたが、わかりませんでした。

装神少女まといはゆっくりストーリーが進みそうです。

シリアスの中に笑いを織り交ぜてくるので日常系アニメを見てる気分。

事件が起きただけでほとんど何もわからなかったのはある意味斬新な気がする。

 

この記事は装神少女まといの2話の考察&感想を書いています。

2話以外の話数を見たい人は以下から飛べます。

装神少女まとい 考察&感想 全話一覧

 

装神少女まとい 2話 考察&感想

装神少女まとい

*出典:公式サイト

2話のストーリーと感想

1話で纏創が解除された後、まさかの夜まで裸のままそこに留まってた。

道の左右の木々の中を隠れながら移動していたが逆に見られる時間長くないか?

 

なんとか家に帰ると鍵が開いていた。

中に入るとゆまが。そういえば大家だったな。

そして会話の最中に出てくる神様。

特に喋る訳でもなく詳細不明。

纏創=神を纏うってことっぽいから神様の力を借りてるんだろうけど喋れないの不便すぎる。

そしてとりあえず寝るまとい。現実逃避スペック高すぎる。

 

次の日になっても神様は付いてる。

鏡には映らないし慎吾くんにも見えていない様子。

でも纏創後のまといは見えるんだよな。今のところ神様が出てきている意味ないぞ。

 

とりあえず学校に向かい体育の時間にゆまに変身させられる。

変身の仕方は謎だがゆまの言葉に反応するとか不便すぎる。

そう見えただけでまといの何かに反応したのかもしれないが、なぜ明確じゃないんだ。

神懸りはやっぱり最初の1回だけでいいのかな?

速攻でネットにうpされる。

 

ゆまに無理矢理タイカツさせられていると事件発生。

銀行に籠城したということで慎吾くんが説得に。

まといには悪霊に見えていたので助けに行く。

 

悪霊のショットガンに当たるがちょっと痛いぐらいで済む。

纏創すると防御力も上がるみたいだ。

でも結局は自分では戦えなかった。

 

1話ではよくわからないまま悪霊を倒せたけど、2話ではそうはいかなかった。

やっぱり戦闘方法とか知らないと戦えないか。

1話で技を出せたのはピンチになったからとかではなく、たまたま技を出すための条件を満たせたということかな?

 

結果的にはクラルスに救われる。

とはいえ友好的な関係でもないみたい。

悪霊かどうか確認された時纏創が解除されたようだったが、やっぱり服は脱げるのか。

今度は町中で疾走。

焦って出ずに何か探してからでも遅くなかった気がする。

体育倉庫に脱げた服が残っているのか、銀行に残っているのか完全になくなったのか。

移動の時にジャージ着てたけど、体操着は持ってなかったから、体育倉庫に残っている可能性は低い?

まといとクラルスは神の種類が違う?

クラルスがまといの神を確認しましたが、クラルスの反応的に神の種類が違うみたい。

そもそもクラルスは纏創方法も違うみたいだし、纏う神によって纏創自体も変わってくるということか?

そうなるとまといの纏創について知っている人は誰もいないんじゃないか?

先祖がタイカツしていたゆま達も知らないみたいだし、纏創に詳しそうなIATOもアンチ・クリードも知らないみたいだし。

まといの母なら知っている可能性がありそう。

そうなると詳しいことがわかるのはだいぶ先になりそうだな。

スポンサーリンク

まとめ

まといはかなり不憫な主人公な気がする。

平和な日常を求めていたのになぜか纏創してタイカツをせざるを得なくなったし、

纏創後の姿うっpされてある意味顔バレしたし、

挙句の果てに毎回服脱げるし。

だがそこが可愛い。

 

かなりゆったり進んでいるので次回も導入みたいな感じになりそうですね。

ギャグ要素含めて3話も期待。

装神少女まとい Blu-ray Box 壱

新品価格

¥16,867から

(2016/10/12 02:59時点)

他の話数の記事は以下から飛べます。

装神少女まとい 考察&感想 全話一覧

 

この記事もオススメ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA