田中くんはいつもけだるげ10話11話12話の考察と感想

田中くんはいつもけだるげ 10話

暑さを凌ぐためにプールに来るというよくわからない展開。確かに気持ちいいけど割りと疲れるしけだるげ師匠的にはクーラーのある部屋でごろごろしておるのが正解なのでは。

準備体操でつるってありえるのか?むしろなんで来れたのかツッコミたくなるレベル。

浮輪でぷかぷかしてるのは泳げても楽しい。そういう意味ではガキ共はわかってない。脱力しすぎて浮いてる遊びは面白そう。太田ですら脱力させる魔力。というかあそこまで浮ければ背泳ぎぐらいできそう。

帰りに太田が別人レベルになっていたのが面白かった。どうやって帰ったのか気になる。第二の太田がいるなら物凄い怪力の持ち主だぞ。

小学校で浮くのが流行ってるは面白すぎた。田中は師匠の才能でもあるのか?

宮野が見る前から浴衣を諦めてたから探しに行くことになったが結局合うのがなかった。伊達に長年低身長やってないな。そして浴衣も作れる白石さん。女子力高いな。

そういえば後半の田中くんのけだるげ力いつもより低かったような気がする。

浴衣よりもかき氷を優先する太田が面白かった。

プール回兼祭り回だったけど他のアニメと結構違って面白かった。

田中くんはいつもけだるげ 11話

文化祭。太田はスイーツ、田中は面倒というわかりやすい感想。田中の気配消す能力は通常時より作画大変そうだぞw結局お化け役をやることになって作戦失敗してるの面白い。というかお化け屋敷やることになったのにお化けやりたい人そんなに少ないのか

結果的にお化け以外の方が大変そうという理由で納得する田中。そもそも面倒な仕事の方が残りそうとか考えなかったのか?運がいいのかどこでもけだるげる才能があるのか。

田中は井戸のお化け、太田はラストのお化けを担当することになったが太田がお化け苦手なことが発覚。ツッコミ入れるところは顔なのか?宮野が代理でやることに

寝てるだけでアンケート結果1位の怖さのお化けになる田中。そんな都合よく白目向けるのはある意味才能。宮野とのバランスよくなってるのも面白い。

休憩時間で田中は休憩場所を探すがそれだけで休憩時間終わってる。体感10分ってどれだけ体内時計遅いんだ?そして段ボールで休む田中。結局お化け屋敷と同じじゃね。探しに行く太田も面白かった。だんだん食べるものの量が増えてる。太田が倒れている間に午後の部修了。というか誰も気付かなかったのは寝ながら気配消してたのか?

田中くんはいつもけだるげ 12話

遂に最終回です。まずは席替えのエピソードから。アニメで席替えの話題久しぶりに見た気がする。クラス替えとかならそこそこ多いけど。だらけられるかが重要な田中にとって席替えは重要。よくわからないおまじないで願掛け。食事中に喋ると運気が下がると占いで出たらしいが割りと喋ってた気がするぞ。結果的に最前中央という最悪な位置になる。絶望してるがうなだれているのかパッと見よくわからない体性。その後宮野の席の前が太田の席で宮野が全く前に見えないことが判明。とっさに田中が席の交換を申し出て最後列で太田の後ろというベストポジションに。ついでに白石の隣が田中になりこちらもベストポジション。というか席替えでここまで大変だったらクラス替えとか修学旅行の班決めとかかなり大変そうだな。

後半は白石が田中にどう近づくか考える話。というか太田が完璧すぎてティッシュや教科書程度じゃ付け入る隙がない。ここのやり取りは面白すぎた。というか田中の妹にも太田恨まれてる?し微妙に反感買いやすいところある?

田中を振り向かせるために色々してたの面白かった。セクシーなところだけ反応する田中流石である。ある意味きっかけそこなんだからそこに気づけば早く進展した気がしなくもない。

太田が先に帰ったため寝てた田中と気づいたら二人きりになる白石。そこで一緒に帰るが三つ編みモードを見られ田中に彼女疑惑が。太田に二人分担ぐように要求するの面白すぎた。太田のツッコミも当然である。スイーツ食べる時は誘うよう頼む太田も流石である。というかそこ乗り込むのか。

一人で帰った田中はみんながいるありがたみを実感する。1話のときとかなり変わった気がしたぞ。

1話見た時はまあまあ面白いかなぐらいに思ってたけどだんだん面白さが増幅してきて後半はかなり楽しんでいました。2期やってもいいんじゃないか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする