2016年夏アニメ:ReLIFE1話考察と感想【ネタバレあり】

2016年夏アニメスタートしました!今日はReLIFEを見たので感想と考察を書きたいと思います。

まずは放送情報のおさらい

放送局 曜日 時間
TOKYO MX 金曜日 24:00~
BS11 金曜日 24:00~
群馬テレビ 金曜日 24:00~
栃木テレビ 金曜日 24:00~
AT-X 土曜日 24:00~

続いて配信情報

配信サイト 曜日 その他
ReLIFEチャンネル 金曜日 6/24より毎話先行配信
Amazonプライム・ビデオ 土曜日 6/25より1,2話配信
ニコニコ生放送 金曜日 24:30~

見逃した人は有料放送でしか見れないみたいですね。ちょっと厳しい。

ReLIFE 1話

最近社会人の主人公多くなってきましたね。海崎新太は2浪院卒というまさかのスペック。そのうえ入社した会社を3か月で辞めてる。アニメ史上初じゃないか?昔の友達と会うの辛そうだなと思っていたところ親からの仕送りも途絶える。ガチでピンチなところに夜明了という人物が現れる。実験に協力するという条件で1年間の生活の保障と就職の手助けをしてくれることに。渡された薬を持って帰宅。

薬を飲んだ記憶がないまま朝に起きるとちょっとした異変が。高校3年生の容姿に若返り。人生を子供からやり直すのかと思ったらそういうわけでもなかった。そこへ夜明了がやってきて高校で1年過ごすことが実験だと説明を受ける。海崎新太は受けるしか生きる術がないので引き受ける。

3年生のクラスへ編入という形で高校入学。いきなり3年生の理由は人生やり直すならそれなりに大変だからと言っていたがこの辺りにリライフ実験の目的があるのだろう。

まずは自己紹介。このタイミングで了も同じクラスにいることがわかる。28歳を高校生にできてかつ同じクラスに編入させられるってことはかなり力持ってそうだ。新太は主に自分の席の周りの人と間違えた席の人の名前を覚える。その中に同じ編入生の小野屋杏に出会う。小野屋杏はリライフ実験に関係あるのか、実験に関係なく編入してきたのか。普通に考えれば同じクラスに編入多すぎってなるけどアニメ補正な気もするしなんとも。

担任の天津心は元々の自分よりパッと見で若いと判断して実際そうだった。沢城さんの声が合いすぎてる。

いきなりテスト開始。そして筆記用具忘れる新太。流石に筆記用具ぐらい持っておけよと思った。社会人なら普段1本ぐらい持ってるでしょ。就活してたなら尚更。そこでゴチャゴチャしてたらカバンの中身を確認されてタバコが見つかる。これは高校生に戻った弊害かもしれない。

筆記用具忘れたままテスト開始。隣の席の狩生玲奈が筆記用具を貸してくれる。狩生さん優しすぎるぞ。新太は結局まともに解けなかったらしい。

タバコの件で先生に呼ばれる。先生良い人すぎるぞ。先生がリライフ実験について知らないのは確からしいから本当に高校に潜り込んだみたいな感じなのかな。

ラストは了がリライフ実験1日目の報告書を書いていた。どうやら新太は二人目らしい。

まとめ

予想以上に面白そうです。今からでも見る価値あると思います。タイムリープ的な感じで高校生からやり直すとかは他の作品でもあったけど体だけ戻すのは珍しい気がする。3年生は受験とかもあるしその辺りをどうくぐり抜けるのか気になる。受験したところで大学行くのかって話だし。就活しても高卒だし。受験しなかったら先生に心配されまくるだろうし。

オススメ度 ★★★★☆ 

こんな人にオススメ ただの学園モノに飽きた人

 

コメントは受け付けていません。