【まほいく】魔法少女育成計画6話 ラ・ピュセル死す!?クラムベリーとファヴの関係は?アイテムの代償デカすぎ!【考察&感想】

魔法少女育成計画 6話

まほいく6話、個人的には衝撃的な展開でした。

今までの展開から予想するべきだったかもしれないけど、甘く見てた部分もあるかな。

予想以上に過酷な戦いですね。

1話の印象から希望があることを期待していたけど、そんなことは全くなさそう。

 

この記事は魔法少女育成計画6話の考察と感想を書いています。

魔法少女育成計画の他の話数の記事は以下から読めます。

魔法少女育成計画考察&感想全話まとめ

魔法少女育成計画 6話 放送前までの予想

魔法少女育成計画

*出典:公式サイト

 

以下公式サイトのあらすじです。

突如ラ・ピュセルに勝負を挑んでくるクラムベリー。意図がわからないまま挑戦を受けるラ・ピュセル。数日後、三人目の脱落者と新アイテムの追加がファヴから発表される。コンビを組みたいと願い出るマジカロイド44に条件を提示するカラミティ・メアリ。その条件とは「一人殺してこい」というものであった。

 

*出典:公式サイト

 

まずはラ・ピュセルとクラムベリーの対決ですね。

ラ・ピュセルに勝って欲しいところではあるけど負けそうな気がしなくもない。

願望込みだが剣の方が強いということでここではラ・ピュセルが勝つか引き分けると予想しておきます。

 

そして今度は新アイテムか。

アイテムの効果も気になるが入手手段が気になる。

マジカルキャンディーを消費するのが妥当な感じではあるが。

 

マジカロイド44のコンビの申し出に出したカラミティ・メアリィの条件が不穏すぎる。

一般人なら魔法関係なく簡単に勝てるが魔法少女相手にという意味ならマジカロイド44だとかなり不利な気が。

変身前に倒すとかならできると思うけど。

魔法少女育成計画 6話考察&感想

魔法少女育成計画 6話

*出典:公式サイト

6話の予想はほぼハズレでした。

ラ・ピュセルに生き残って欲しいという思いがあったので仕方ないかもしれないけど。

アイテムも予想以上に代償が大きかった。

というかマジカルキャンディーあまり関係なくなってきたな。

ラ・ピュセル死す!?

5話の最後でラ・ピュセルとクラムベリーが戦闘になりました。

ラ・ピュセル自身も戦闘する気があったのは意外でした。

しかし、クラムベリーと覚悟が違った。

当然殺し合いを望んでないラ・ピュセルと殺す気で戦うクラムベリーでは差が歴然でした。

魔法少女の力で戦えばただの怪我ですまないというのは確かにクラムベリーの言う通りですね。

本当に魔法少女が好きだったラ・ピュセルにとっては殺し合いなんて考えてなかっただろうから、魔法少女同士が戦ったらどうなるかまでは考えてなかったのかもしれません。

 

本格的な殺し合いは6話が初めてだったので迫力と衝撃がありました。

かなりダメージを追った後でも一糸報いたのは流石ラ・ピュセルといったところか。

逆転したと一瞬でも思わせたのズルすぎる…。

 

というかなんでクラムベリーはあんなに強いんだ?

魔法を使ったのは警報みたいなのを鳴らした時だけだろ?

それ以外は普通に戦ってただけだと思うけど、それでも剣の大きさを変えられるラ・ピュセルに圧倒的な力で勝ってしまった。

戦闘向きの魔法を持つウィンタープリズンとの戦いも互角に戦ってたし、音を操る以外にも何かありそう?

[mobile]

[admo]

[/mobile]

 クラムベリーとファヴの関係は?

クラムベリーとファヴの関係は他の魔法少女とは違うようですね。

そもそもファヴってどんな存在なんだ?

本当にただのマスコットキャラなのか?

 

クラムベリーとは何か契約しているようですね。

強い魔法少女だけを残すためにクラムベリーに他の魔法少女を殺させているといったところか。

争いを好まないシスターナナは邪魔な存在だから5話で戦闘したということか。

 

なぜクラムベリーと契約したのかも気になるな。

殺し合い誘発させるだけならカラミティ・メアリとかに頼んでも良さそうだけど…。

 

魔法少女の存在理由とも関係ありそうですね。

一般人に悟られないようにするために、ソシャゲで魔法少女に適正がある人を探しているみたいだし。

 

マジカルキャンディーを集めるというシステムに矛盾がある気がしてきた。

最初から殺し合いをさせることが目的だったと考えた方が良さそう。

それだと戦闘向きの魔法少ない気もするけど、クラムベリーとファヴが契約しているのに納得できるかな。

[mobile]

[admo]

[/mobile]

アイテムの代償デカすぎ!!

6話のサブタイにもなっている新アイテムが追加されました。

マジカルキャンディーを消費するのかなと思っていたらその程度のものじゃなかった。

寿命消費とか代償デカすぎでしょ。

ただ、魔法少女のシステムは寿命を操れることが判明しました。

ねむりんが死んだ理由は肉体的な問題という説明だったしそう予想していたけど、口封じのために死ぬように設定されていたという可能性もありそうです。

ルーラが変死と報道されていたことから、その可能性は少なくないかと。

 

戦闘向きではない魔法少女のために新アイテムを投入したということは、やはりこの争いを誰かが楽しむために魔法少女を生み出していると考えていいのかな?

 

アイテム自体の効力は未知数ですね。

役に立つかわからないものに寿命を払うのは痛すぎる気もするけどアドバンテージであることも確かか。

スイムスイムが25年のやつでミナエルユナエルが3年の薬、たまが武器、カラミティ・メアリが袋であと1個は誰が買ったんだ?

スノーホワイト、リップル、トップスピード、マジカロイド44が買ってないことが確定しているからシスターナナ、ウィンタープリズン、クラムベリー、アリスの内誰かが買ったことになるけど…。

消去法でいくとアリスが一番買ってそうではあるが、6話でほぼ出なかったシスターナナかウィンタープリズンが怪しいか?

アイテムがどの程度影響するのか楽しみです。

 

個人的にはアイテムの能力がほぼ確定しているものを選んだカラミティ・メアリが一番賢そうに見える。

ただコスト対効果は保証されていることが多いから、自分にあったものを見抜くか単純に高いものを選ぶべきかな?

寿命が縮むことを恐れて安いのを買うぐらいなら買わない方が良さそう。

[mobile]

[admo]

[/mobile]

マジカロイド44の死!?アリスの目的は?

ラ・ピュセルの死によってスノーホワイトが絶望していると、アリスがやってきました。

襲われると思ったらカラミティ・メアリィとの契約を満たすために来たマジカロイド44にやられました。

スノーホワイトもついでにやられると思ったら起き上がったアリスにマジカロイド44が殺されました。

これって1週間に2人居なくなったことになるのか?

イマイチ時間軸が掴みづらいからラ・ピュセルの死からどれくらい経ったのかよくわからん。

 

アリスの目的は何なのか?

スノーホワイトを守ろうとしているようにも思えたけど、そんな単純な話なのか?

アリスは戦闘向きじゃないと思ってたけど、戦闘もできるっぽい?

あの武器は購入したアイテムの能力という可能性もあるか?

 

スノーホワイトを狙っているって訳でもない気がするんだよな。

やはり助けたのかな?

[pc]

[adpc]

[/pc]

まとめ

6話は衝撃的な展開ばかりでした。

この前書いたばっかりのこれがあまり意味をなさなくなってしまった。

近いうちにに書き直そうと思います。

魔法少女育成計画は気になることがどんどん増えていくので面白いです。

今はアリスの目的が一番気になるな。

 

ほぼタダでアニメのBDなどを買う方法↓

Divvee

[mobile]

[admo]

[/mobile]

 

魔法少女育成計画 Blu-ray DISC 第1巻

新品価格

¥6,425から

(2016/10/25 02:46時点)

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)

新品価格

¥710から

(2016/10/25 02:46時点)

 

魔法少女育成計画の他の話数の記事は以下から読めます。

魔法少女育成計画考察&感想全話まとめ

 

この記事もオススメ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA