【ウィクロスアニメ】Lostorage incited WIXOSS 6話 ブックメーカーの元でバイトを初めた千夏。すず子の決心!ルリグについて考えてみた【考察&感想】

6話は現在の千夏の話とそれを受けてすず子が決意する話でした。

千夏はすず子を捨てると言ってたがブックメーカーに従ってていいのか?

そして早くもすず子と千夏のバトルが…。

Lostorageのルリグについて見えてきた部分があるので考えてみました。

この記事はLostorage incited WIXOSS6話の考察と感想を書いています。

Lostorage incited WIXOSSの他の話数の記事は以下から見れます。

Lostorage incited WIXOSS考察&感想まとめ

Lostorage incited WIXOSS 6話放送前までの予想

Lostorage incited WIXOSS 6話

*出典:公式サイト

6話は二つのことがメインになるかなと予想しています。

 

1つ目はすず子の選択です。

メインキャラの中でセレクターバトルをする理由もしくはしない理由がないのはすず子だけだと思います。

このままでは単純に勝てないと思いますし、千夏をどうしたいのかを整理しないと行動できないと思います。

千夏の選択に対し本当の気持ちなのかと疑問に思ってもそれが嘘だと思う自分の想いを整理しないと伝わらないだろうからね。

 

そして2つ目はコインが5個集まったらどうなるのか?

一応ルリグ達から記憶を一つ書き換えられると聞いていますが具体的なことは聞いてません。

5話ではんなのコインが4個になったので、早ければ6話で5個になると思います。

そこで真実がわかるんじゃないかな?

 

ルリグが言ってることのどこまでが正しいのか疑問ですが具体的な質問には真実を答えているように思います。

コインを失った時のことも具体的なことを聞かれなかったから答えなかったようですし。

そういう意味でも白井が聞いた期間が終われば生き残るというのは信用できそうな気がします。

Lostorage incited WIXOSS 6話考察&感想

 

Lostorage incited WIXOSS*出典:公式サイト

予想は半分あっていましたね。

コイン5個集めるところまで行かなかったか。

となると本当に記憶を書き換えられるのかもしれませんね。

ブックメーカーに協力する千夏

千夏はブックメーカーの元でバイトを始めました。

5話で大学に行けるかわからなくなったためそれなりに貰えるブックメーカーの元でバイトを始めたというところか。

確かにこのバイトの才能あるけど、コイン3~4個ぐらいの時はわざと負けないといけないぞ。

莉緒に同情してるところを見ると今は強がってるだけかもしれない。

すず子を捨てるためにセレクターバトルに挑み大学行くためにブックメーカーに協力するってそれでいいのかと思う。

すず子のためにこうしなきゃみたいなのからは確かに解放されるけど、別の意味で縛られるよな。

だったら昔友達だったすず子に縛られた方がいい気がするけど。

すず子の決心

ブックメーカーによってすず子と千夏がバトルすることになりました。

5話で薄々そんな気はしていたが早すぎ感。

 

バトルは千夏優勢。

というかすず子ははんなとのバトルと同じ状況。

 

しかしすず子はまさかの戦法に出る。

フィールドを攻撃することで自分の位置をずらして攻撃を回避しました。

狙ったやったみたいだったけど、何でこのゲームでフィールドを攻撃できると思ったんだ?

セレクターバトルは異世界の実空間で行われていると考えた方が良さそうだな。

既存のルールに囚われすぎない方が良さそう。

 

バトルは関係ない人が近づいたので中断。

すず子にとってはコインを失うことと千夏がすず子のことを忘れることを両方防ぐことができました。

 

そしてすず子はもう逃げないことを決心します。

千夏を助けるために本気で動くことになるのかな。

ある意味ブックメーカーにとってこのマッチングはミスだったかもな。

Lostorageのルリグについて

前作でのルリグはセレクターを騙して勝たせることで人間に戻ろうとしていました。

Lostorageではコインを失ったセレクターの体にルリグの人格が入るので、ルリグにとってはセレクターが負けることの方が得な気がするけど、負けないようにセレクターをサポートすることが多いですね。

これはセレクターの記憶からルリグが創られていることに関係していると思います。

ルリグはある意味セレクターの一部なので自然とセレクターに協力的になるのかな?

コインを5個集めた時に起こることと関係しているのかもしれない。

ルリグもコインを失った時のことを隠していたりと何か目的を持って行動しているところがあるけど、セレクターに成り変わることが目的じゃないっぽいしなんだろ?

コインを5個集めたら記憶を書き換えることができるけど、書き換えた結果の周りの記憶との矛盾はどうなるんだ?

ってことを考えるとセレクターの体にルリグが入って、記憶を書き換えた上で別の体にセレクターが入るとか?

最悪記憶を書き換えた上でルリグになるのかもしれない。

Lostorageのルールだと使う人がいないけど。

ルリグにとっても勝たせる意味があるからセレクターをサポートしているんだと思うけど何があるのかな?

スポンサーリンク

まとめ

6話は千夏の今とすず子の決心についての話でした。

すず子が戦う決心をするまで6話か。長かった。

このバトルの目的やルリグの目的についてもそろそろわかりそうかな?

次回以降はすず子が能動的に動くと思うのでかなり物語が進みそうな気がします。

 

 

Lostorage incited WIXOSS 1(初回仕様版)Blu-ray

新品価格

¥5,462から

(2016/10/30 19:13時点)

Lostorage<アニメ盤>(TVアニメ「Lostorage incited WIXOSS」オープニングテーマ)

新品価格

¥1,656から

(2016/10/30 19:14時点)

 

Lostorage incited WIXOSSの他の話数の記事は以下から見れます。

Lostorage incited WIXOSS考察&感想まとめ

この記事もオススメ

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする