終末のイゼッタ 7話考察&感想 新たな戦いが始まる?フィーネとイゼッタは他国に協力を求めることができるのか?

終末のイゼッタ

この記事は終末のイゼッタの7話の考察と感想を書いています。

終末のイゼッタの他の話数の記事を見たい人は以下から飛べます。

終末のイゼッタ考察&感想全話まとめ

終末のイゼッタ 7話放送前までの予想

終末のイゼッタ

*出典:公式サイト

6話でブリタニアやアトランタとの会議に行くことになったイゼッタとフィーネ。

この会議はエイルシュタットの運命を決めることになりそうです。

 

予告からして戦闘が行われるようですね。

ブリタニアメインの連合軍対ゲルマニアになるのかな?

そこで実際にイゼッタの力を見せることで、ブリタニアなどと同盟を結ぼうという話かな。

 

実際にゲルマニアを倒すところを見れば同盟を結ばない手はないだろうし、上手くいきそうな気がする。

 

ゲルマニアとエイルシュタットの距離が近すぎて、同盟を結んだとしても上手く連携が取れるかが微妙かも?というところが問題になりそうか?

国内でも魔法が使えない領域があるから、そこを突かれるとキツイかも?

 

終末のイゼッタ 7話考察&感想

 終末のイゼッタ

 *出典:公式サイト

予想はそこまで合ってませんでした。

7話の戦いは必ずしもエイルシュタットに有利になったとは言えないかもしれません。

今回の戦いがどう影響するのか楽しみです。

ブリタニアでの会議

ブリタニアで会議が開かれました。

報告だけではイゼッタの魔法を信じない人がほとんどでした。

流石に信じるわけにもいかないか。

 

実際に見たとしても一人だけで何ができるんだあまり好印象ではない。

そこでゲルマニアの空母を倒すことを宣言する。

これが正解だったかは次回わかるのかな?

[mobile] [admo] [/mobile]

空母攻略

魔法の力を証明する意味も含めて、イゼッタは空母攻略に向かいます。

空母を倒すには理論上魚雷が4発必要で中央に当てないといけない。

魚雷4発必要なのに4発しか持ってかなかったのはミスでは?

一部使えなくなる可能性の方が高いのに。

 

あの道を選んだのはイゼッタの魔法的な意味なのか本当に警戒されづらいからなのか?

でも待ち伏せされてたことを考えると読まれてたってことなんじゃ?

 

新型機に乗ったバスラーに追われてちょっと苦戦するイゼッタ。

弱点とか関係なく対策されていると一人で戦うのは厳しそうだ。

魚雷が2本爆発して任務達成ならずに見えたが、エレベーターから直接魚雷を打ち込むことで空母を沈めました。

魚雷が攻撃されない前提の作戦はどうかと思うけど、イゼッタの機転によりなんとか成功しました。

 

この成功がエイルシュタットにとってどう影響してくるか。

ブリタニアとかとの同盟には役立つと思うけど、ベルクマンはこの一戦でイゼッタの弱点を知ったようだし、良かったことばかりじゃない気がする。

 

魔法の切れ目の存在だけで場所によって魔法が使えないとわかるもんなのか?

それだけじゃ結局対策はできなそうだけどどうするんだ?

 

地図見た感じ魔法が使える場所だったみたいだけど、何で魔法が使えない場所があったのか?

ケネンブルクとかではそんなことなさそうだったけど、地図だけでは違いはわからないのかな?

[pc]

[adpc]

[/pc]

まとめ

7話まででイゼッタの魔法を知らせる作戦は完了という感じですね。

これがどう影響するのかは8話でわかりそうかな。

元々イゼッタの魔法の弱点を隠すのが目的だったけど結局ベルクマンにバレてしまったけどどうするんだ?

当然ベルクマン達は知らないフリをして行動するだろうし、かなり不利になったような。

 

[mobile] [admo] [/mobile]

 

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.1(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付) [Blu-ray]

新品価格

¥6,804から

(2016/10/16 07:09時点)

終末のイゼッタ Vol.1 [Blu-ray]

新品価格

¥5,789から

(2016/10/16 07:10時点)

cross the line

新品価格

¥1,404から

(2016/10/16 07:10時点)

 

終末のイゼッタの他の話数の記事を見たい人は以下から飛べます。

終末のイゼッタ考察&感想全話まとめ

 

この記事もオススメ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA