2016夏アニメ:ラブライブ!サンシャイン!! 2話考察と感想 梨子が仲間に【ネタバレあり】

ラブライブ!サンシャイン!! 2話

梨子が勧誘を断ったところから。あの後から勧誘ラッシュ。当然千歌の勧誘を断り続ける梨子。あそこまで何度も勧誘されたらちょっと興味持っても断りそう。逆に興味持ってくれるようになるかもしれないが。断り方が変わったからちょっと反応良くなったと思ってる辺りは穂乃果っぽい。曜は毎回いい感じでツッコミとか返してるな。

その後再度生徒会長に部活申請。当然断られる。というかほとんど進歩してないから当然である。千歌が会長にμ’sの話をするがまさかの名前を間違えて覚えてた。u’sって逆にセンスあるよな。そして会長に怒られる。

それから怒涛のμ’sクイズ。最初は普通の問題と思ってたらかなりマニアックな問題まで出てきた。ジャンプしてたのは誰かって今までラブライブ好きだった人も知らなかった人が多いんじゃないか?

会長がここまでμ’sのことを知っているのってやっぱり好きだ(だった?)からだと思う。そうなるとスクールアイドルを認めない理由が気になるな。

そもそも、μ’sが解散してから何年経った設定なのかそこを考える必要がある気がする。秋葉原で流れているのを千歌が見たことを考えると1年前ぐらいか自然な気がする。ただ会長がμ’sは伝説的なスクールアイドルって言ってたから、μ’sが活躍してから時間が経っているけど流している可能性はある。スクールアイドルの性質を考えると3年もあればμ’sに匹敵する話題性のあるユニットは出てきそうな気がすることを考えると解散したスクールアイドルの映像を秋葉原で流すとしても2年以内ぐらいが妥当な気がする。今年のラブライブの宣伝のために1年前のラブライブの映像を流してたのが一番自然な気がする。

話を戻して会長がスクールアイドルを認めない理由だが、ここで確定していることはμ’sにかなり詳しく恐らく大好き(だった?)なこと。仮定としてμ’sがラブライブ優勝してから1年経っているとする(千歌が今からスクールアイドル作ってラブライブに出たら第3回と第4回のどっちになるんだ?春休みに映像を見たら第3回に間に合うのか?)。

好きなのに認めない理由ってなんだろう?私の予想はμ’sが好きすぎて神聖化している。かつ自分たちでやってもμ’sには並べないし並ぼうとするのは汚すことだと思っているって感じかな?時期的に昔スクールアイドルをやっていて第2回ラブライブにも出てるとかでもおかしくないけど、流石に出てたらみんな知ってるしそれはないか。

却下されたあと、ルビィと花丸と帰宅。この時会長がスクールアイドル嫌いって言っていた気がするけど、先のクイズを聞いたら好きだと思うんだがどういうことだ?ここの演出わかりづらかったから俺が時系列勘違いしてるかもだけど。

その後梨子と会って海の音を聞きに行く。海の音を聞いたら何か掴んだらしく作曲の手助けをすることを告げる。作曲手伝うって言ってる時点でもう入ってるようなもんだが。わざわざ詩を書くの手伝ってるし。

詩を書いているときに千歌の好きな曲がユメノトビラであることが判明。サンシャインはμ’sのことを上手く活かしてるのがいいね。

帰った後梨子がユメノトビラを引いてみる。そしたらまさかの千歌と部屋が隣同士だと判明。この後梨子が仲間になる。この辺いい話なんだけど手をつなぐところが現実感なさすぎるのがちょっとマイナス。

エンディングが変わってたというかこっちがエンディングか。

まとめ

仲間が揃うまでもうちょいかかりそうだな。やはり、会長が拒否る理由が気になる。そして約1名まともに出てきてないぞ。

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。