2016夏アニメ:Rewrite 3話 考察&感想 瑚太郎の能力判明【ネタバレあり】

ちょっとずつですが物語が動いてきましたね。あと今更ですがOPの最後の方が1話で瑚太郎が見た夢の中みたいに荒廃した街になってる。

Rewrite 3話

Rewrite 3話

*公式サイトより引用

オカ研の部室に行ったら朱音がお風呂上がり。どこからツッコむべきかはわからんがなぜ学校の部室にお風呂があるのか。朱音は結局何者なんだ?権力持ってるって言ってもどんな権力なんだ?本当に黒魔術だったら面白い。朱音はオカルトあまり信じてないっぽいのにこういう表現多いよな。実はちょっと興味ある?

咲夜登場。とりあえずちはやの執事って覚えておけば良さそう。ただそれだけでもなさそう?瑚太郎は割りと嫌われることばっかやってんなと思ったら鳳家に嫌われてるだけかもしれない。

ルチアもか。

この後はオカ研最初の活動としてツチノコ探し。途中でルチアの尻掴んでたりしたがなぜ一緒に探してる人がそんなところにいるんだ。そういえば今回ルチアの話題多かったな。なぜ手袋しているのかの結論出なかったけどそんなに深い理由あるのか?あると見せかけてないなパターンな気がする。

ツチノコはちはやが捕まえたけど一緒に違うものも釣れる。結局はいたずらだったということだった。ツチノコぐらいいる気がするって言ってたけど瑚太郎はよくわからない超常現象の方が遭遇回数多いんだよな。

ルチアの手伝いが終わって夜に帰宅しているところで箒が狼?に襲われているところを見つける。箒の手がかりを得るために追いかける。ここで瑚太郎が能力をリライターを使う。身体能力の書き換えを行うみたい。今回は足の速さを早くしたのか?一度書き換えた能力は戻せないからあまりむやみに使えないらしいが、書き換えた能力をもう一度書き換えてはダメなのか?

追いかけていると謎の男に会い狼?を召喚され逃げる。逃げきれずダメだと思ったところで気を失い目が覚めると屋台に。公園で倒れていたところを助けられたとのこと。この人達ゲームとリアルがかなり自然に話すぐらい混同しててリアルで普通に戦えてもおかしくないんじゃないかという雰囲気ある。瑚太郎が能力持ちなんだし戦えてもおかしくないが。

その後常連らしい静流が屋台に来る。静流に手を握られるとあったはずの傷がなくなっている。瑚太郎が確かに能力を使ったことを考えると静流は傷を治す能力を持っているんじゃないか?

参考:4話考察&感想

スポンサーリンク

まとめ

 

今回で瑚太郎が能力持ち確定で、怪しいのが静流、ちはや、ルチア、一応朱音という感じか。謎の男が明らかにおかしい力持ってたし、箒も能力持ちの人間だろうから他にも能力持ちが複数いてもおかしくないな。

箒関連の謎に少し近づいた気がするけど次回以降に期待ッて感じだな。

2話の考察感想はコチラ

Rewrite考察&感想全話まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする