装神少女まとい 10話考察&感想 超次元へ突入!?

遂にまといのお母さんのしおりの情報が明かされました。

しかし、今どうしているのかは不明。

まといに普通の日常が戻ってくる日は来るのか?

装神少女まとい考察&感想全話まとめ

装神少女まとい 10話考察&感想

装神少女まとい

*出典:公式サイト

しおりについて

まといの母のしおりは超次元を閉じるために超次元に向かったとのことでした。

現在どうなっているかは不明。

生きてはいると思うけど。

しおりは元々草薙家だったのね。

つまりまといとゆまは親戚だったのか。

まといが纏創したのは自然なことだったのかもしれない。

9話で慎吾くんを守ったのがしおりの力ということはしおりは生きていると思うけど、しおりが慎吾くんを守るために力を使ったから超次元を封鎖する力が弱まったってことかな?

そうだとすると誰かが超次元にいないとこの世界を維持できないってことになるのか?

別の方法を見つけないと解決にはならなそう。

まといの力

まといはゆまやクラルスよりもかなり強いことが判明しました。

確かに八百万の力は強かったけど、どれだけ高次元に行けるかすら変わってくるとは。

クラルスは無理矢理みたいな感じで纏創しているのかな?

アンチクリードがあっさりやられたことを考えるとファティマの纏創者はそこまで強くないのかも。

クラルスは12次元までしか行けなかったけどまといは楽々15次元まで到達。

悪霊を倒すことに成功したがかなり消耗したようだ。

15次元であそこまで消耗したとなると、結構厳しいんじゃないか?

しおりは10年間超次元にいるわけだけど大丈夫なのか?

ポチの正体は?

最後慎吾くんがポチに銃を向けました。

まさかの黒幕がポチなのか?

しおりの力を弱めるために慎吾くんを狙ってたとしたらポチが黒幕でもおかしくないが…。

悪霊の誰かさんはまといの覚醒を狙ってたみたいだから、それじゃ辻褄が合わないか。

そもそもポチと悪霊のボスに化けてた人が同じ組織なのかわからないけど。

超次元が開くことは確定していて、その後の世界に向けて高次元体が色々策を巡らせているって感じだと思うが、人間含めて4つぐらい勢力があるのかな?

そもそもポチが何をしていたのかだよな。

まといが纏創する前から慎吾くんの元にいたことを考えると慎吾くんかしおりを狙っていたかまといが纏創するのを待っていたかのどちらかになるな。

まといが纏創した後に慎吾くん付近での悪霊の事件が増えたことを考えるとまとい狙いも十分ありえるか。

悪霊誘引したっぽいのって天海神社と9話の序盤ぐらい?

今のところ悪霊のボスに化けてた組織の可能性が高そうか?

スポンサーリンク

まとめ

まといは超次元に行くことになりそうですね。

しおりがどうなったか気になるけど、まだ生きているとは思う。

でも同じやり方では解決しないだろうから行ったうえで新たな解決策を見つけないと。

 

装神少女まとい Blu-ray Box 壱

新品価格

¥16,867から

(2016/10/19 02:35時点)

【Amazon.co.jp限定】 装神少女まといBlu-ray Box 壱 (「BOX全2巻購入特典:描きおろしB2布ポスター」シリアルコード付)

新品価格

¥22,680から

(2016/10/19 02:35時点)

TVアニメ『装神少女まとい』OPテーマ「蝶結びアミュレット」

新品価格

¥1,296から

(2016/10/19 02:36時点)

装神少女まといの他の話数は以下から読めます。

装神少女まとい考察&感想全話まとめ

この記事もオススメ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする