【ウィクロスアニメ】Lostorage incited WIXOSS 10話 ピルルクでもブックメーカーに勝てないのか バトルの目的とルリグについて【考察&感想】

10話はいつも通りセレクターバトルをしていたって感じですね。

ブックメーカーを始めセレクター達の目的はわかってきたけど、主催者が何を狙っているのかはまだわからないな。

Lostorage incited WIXOSS考察&感想まとめ

Lostorage incited WIXOSS 10話考察&感想

Lostorage incited WIXOSS

*出典:公式サイト

はんなのその後とバトルの目的について

はんなは弟の真実を知って絶望しただけで、問題はなさそうですね。

前回のセレクターバトルと違ってちゃんと勝ち抜けることができるのに意味はあるのか?

負け抜けした方に目的があるのか?

コインを失った人の人格は消えるわけじゃなくて、どこかに集められて利用されているとか?

それならわざわざバトルを開催してる意味もある気がする。

負けた人の共通点ってバトルに弱いかわざと負けたかだよな。

わざと負けるようなやさしい人を集めているとか?

ピルルクとブックメーカーのバトル

ピルルクがブックメーカーにバトルを挑みました。

何か目的があるって言ってたがブックメーカーとバトルすることだったのか。

ブックメーカー自身はセレクターバトルを利用してるだけでわざわざ戦う必要ない気が。

案外ブックメーカーとピルルクが同類っていうのは合っているのかも。

ブックメーカー強すぎでは?

元ルリグということはピルルクよりもバトル経験少ないはずだが、そんなにあのルリグが強いのか?

コイン技そこまで強くない気がするけど、出てくるシグニがめちゃくちゃ強かったりするのか?

それにしても皆ブックメーカーに踊らされすぎな気がする。

バトルに勝てばいいんだから、そもそもブックメーカーのシステムを利用しない方が有利だろうし。

このルールで自分で相手を決められないの不利だと思うんだが。

相手を見つけられないと大変だが、そこまで見つけるの大変じゃなさそうだし。

 

ブックメーカーは人の心を読み取るのが上手いんだろうな。

だからバトルのマッチングの利用者も増やせるし、バトルにも強いんだろうな。

白井の敗北 ルリグについて

白井は手加減した結果バトルに敗北しました。

ドーナは泣いていました。

今回のルリグは人になることを目的にしていないようですね。

基本的にはセレクターに協力的だし、ドーナのように負けて悲しんでいるルリグもいる。

人間になった途端自殺するルリグもいるぐらいだし。

ブックメーカーは上手く人間に馴染んだ異端な存在とも言えるのか?

流石にブックメーカーが主催者ってことはないはずだが、ブックメーカーの元人間が主催者で自分もバトルに参加して負けたとかならありえるか。

異端といえばナナシもちょっと変わっていたような。

はんなの絶望するところを見たいみたいなこと言ってたし。

正の感情が強いルリグと負の感情が強いルリグが存在するとみるべきか、負の感情を持つルリグは異端に近いとみるべきかは悩みどころ。

今回のルリグはセレクターバトルについて隠すことなくセレクターに伝えていた。

負けたら人格を失うことについては始めた直後は正確には伝えてなかったが消えるとは言ってたし聞かれたら答えたことを考えるとセレクターがルールを知ることを前提で開催しているっぽいな。

知ったうえでわざと負けるような人格を集めているが今のところしっくりくるな。

主催者視点では負けた時にしか状況が変わらないし、そこに何かありそう。

負けた人なら誰でもいいのかどうかは気になるところ。

負けたという事実だけでふるいにかけられることなのかどうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回はルリグの行動などからセレクターバトルについて考えてみました。

ルリグに人間になる意志はないことから、負けた人に対して目的があるのだと思います。

コインを失った人の人格はただ消えるだけなのか、どこかに集められたりしているのかがポイントになりそうです。

消えるだけならなぜバトルしてるのかわからんな。

Lostorage incited WIXOSS 1(初回仕様版)Blu-ray

新品価格

¥5,462から

(2016/10/30 19:13時点)

Lostorage<アニメ盤>(TVアニメ「Lostorage incited WIXOSS」オープニングテーマ)

新品価格

¥1,656から

(2016/10/30 19:14時点)

 

Lostorage incited WIXOSSの他の話数の記事は以下から見れます。

Lostorage incited WIXOSS考察&感想まとめ

この記事もオススメ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする