終末のイゼッタ 12話最終回考察&感想 エイルシュタットは生き残り魔女は消え去った

終末のイゼッタ

遂に終末のイゼッタは最終回を迎えました

タイトル通りの終わり方でしたね。

終わり方としては良かったと思います。

 

終末のイゼッタ考察&感想全話まとめ

終末のイゼッタ 12話最終回の放送前の予想

終末のイゼッタ

*出典:公式サイト

最終回の重要な要素はイゼッタとゾフィーの戦いと講和会議です。

 

イゼッタとゾフィーが直接対決するのはある意味始めてです。

前回は事前に土地の魔力を枯渇させた上で魔石を使って一方的に攻撃しました。

次の戦いはお互い魔石を持っているので魔法同士のぶつかり合いになります。

ゾフィーには時間制限があることを考えるとイゼッタが勝つ可能性は十分高いと思います。

 

フィーネの講和会議の方が心配ですね。

新兵器を封じれば諸国が講和をのむことはないと思うけど、ゲルマニアが諦めるかは怪しいですね。

ゾフィーがいなくてもゲルマニアの軍事力は高いので戦争を終わらせる理由がゲルマニアになさそう。

結局は皇帝を倒すしかないのか?

終末のイゼッタ 12話最終回考察&感想

終末のイゼッタ

*出典:公式サイト

イゼッタとゾフィーの対決

イゼッタとゾフィーの対決はまさに最終決戦でした。

本気を出した魔女に現代兵器で妨害することはほぼ不可能でした。

 

魔石使っているとはいえ強すぎじゃね。

ゾフィーが捨てられたのも王としては正しい判断か。

 

ゾフィーはあっさりとイゼッタの誘いに乗りました。

クローンに意志があったのはゲルマニアのミスかもしれません。

そもそも魔女じゃないと魔法を使えないだろうからそうせざるを得なかったのだろうけど。

 

イゼッタは世界中の魔力を吸い上げてゾフィーにぶつけることでゾフィーを倒すだけでなく、今後魔法を使えないようにしました。

魔法が戦争の引き金になる以上ここで全て断ち切るのはイゼッタの願い通りと言えるかもしれません。

もっと上手い方法見つけろよとも思いますが。

タイトル通り魔女の終末の戦いでした。

[mobile] [admo] [/mobile]

講和会議

ベルクマンの手引により講和会議への潜入に成功しました。

ベルクマンは手引だけするとさっさと消えました。

本気でゲルマニアを倒す気はなかったとも言えるのか?

後でバスラーに見つかったけど片目撃たれただけで済んだみたいだ。

 

その後ジークは囮になってフィーネ達を会議場所に向かわせるがヨナス似の兵に油断して撃たれる。

ジークとベルクマンの違いを表現したということかな。

実際あの状況だと遅かれ早かれジークは撃たれていた可能性が高いけど。

 

フィーネは会議に乗り込むとフィーネがゾフィーと戦っていることやこの戦いで魔法が使えなくなることを諸国に話しました。

これでゲルマニアと講和を結ばせないことに成功しました。

 

結果的に魔力は全て失われアトランタを始めとした諸国はゲルマニアに攻撃を開始しました。

[mobile] [admo] [/mobile]

その後

アトランタやゲルマニアの周囲の国が攻撃を始めゲルマニアは追い詰められていきました。

最後には皇帝は自ら命を絶ったようです。

ゲルマニアは軍事力はかなり強いと思ってたけど連合軍相手では負けるのか。

連合国的にはエイルシュタットをわざわざ助ける余裕がなかったからフィーネやイゼッタは戦う必要はあったということかな。

自国防衛程度で済ませるべきだった気もする。

 

ベルクマンは普通に生き残っていました。

ある意味一番の勝利者はベルクマンなんじゃ?

 

イゼッタも生きていたようですね。

語られなかったのはわざとだと思うけど詳しく知りたい。

車椅子だったのは命削った結果老人ぐらいになったってことか?

それとも前の戦いの怪我がまだ治ってない?

 

生きてはいたしめでたしってことでいいのかな。

[pc]

[adpc]

[/pc]

終末のイゼッタ全体の感想とまとめ

かなり面白いアニメでした。

今期の中でもトップクラスだけど今期の最大値が低かっただけでもある。

戦争部分や国家間の交渉などはかなり面白かったです。

ほぼ近代の機械の時代に魔法というファンタジーを上手く組み合わせていたと思います。

個人的に最終回がそこまで好きじゃないのは欠点かな。

嫌いじゃないというかどちらかと言えば好きぐらいなので良かったけど、もっと良いのを期待していたというのはある。

 

[mobile] [admo] [/mobile]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.1(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付) [Blu-ray]

新品価格

¥6,804から

(2016/10/16 07:09時点)

終末のイゼッタ Vol.1 [Blu-ray]

新品価格

¥5,789から

(2016/10/16 07:10時点)

cross the line

新品価格

¥1,404から

(2016/10/16 07:10時点)

 

終末のイゼッタの他の話数の記事を見たい人は以下から飛べます。

終末のイゼッタ考察&感想全話まとめ

 

この記事もオススメ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA