Occultic;Nine -オカルティックナイン- 12話最終回 考察&感想 ガモタンとアベリーヌは悲劇のヒーローみたいだったな

ちょっと疑問が残る最終回でしたがアニメとしてはかなり楽しませてもらいました。

比較的綺麗にまとまったんじゃないでしょうか?

ゲームは違うエンディングがあったりするのかな?

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-考察&感想全話まとめ

Occultic;Nine -オカルティックナイン- 12話放送前の予想

Occultic;Nine -オカルティックナイン- 11話

*出典:公式サイト

11話のエンディングで流れた月が気になります。

月は時間の流れを表現することもあるから森塚のやろうとしていることが成功したってことかな?

朝昼晩の月の様子にも見えたからタイムリミットを示しているのかもしれない。

尊守の命が後1日ぐらいって言ってたので組織がそのために動くとガモタン達も後1日で消されるってことになる。

ガモタンが居なくなれば計画は失敗なので後1日しかないことになる。

12話で重要そうなのは鍵の在り処だな。

鍵の存在を知っている人が別にいてもおかしくないけど話数的にそこまでやれないだろうから、誰かが持っていったとしたらたまたまだろうな。

可能性がありそうなのは悪魔と西園梨々花ぐらいか?

この人達は霊体を上手く使って未来を見てたっぽいから鍵の存在を知っててもおかしくない。

鍵の存在を知っていて組織に肯定派の人が鍵を奪った可能性はあるかな。

西園梨々花が何か企んでる可能性はある気がしてきた。

Occultic;Nine -オカルティックナイン- 12話最終回考察&感想

オカルティック・ナイン 12話

*出典:公式サイト

予想はそこまであってなかったな。

でも納得できる最終回だった。

りょーたすが鍵に!?

オカルティック・ナイン

*出典:公式サイト

アベリーヌ自身が鍵になることでポヤガンを起動させることができるみたいでした。

稜歌の体から出ることで超電導体質になるとのこと。

自由に霊体になったり憑依したりできるアベリーヌ(と悪魔)だけができるってことかな?

結果的にアベリーヌは霊体化せずにオッドアイの破壊に挑むことになりました。

最終的にはガモタンを助けるためにアベリーヌは霊体としての力を使うことになりました。

霊体はエネルギーの塊みたいなものだから、それを他人に与えることもできるってことかな。

 

時間の巻き戻し

オカルティック・ナイン

*出典:公式サイト

サライは時間の進み方をもとに戻せば弾性のような感じで時間が巻き戻るのではないかと考えました。

森塚の登場により実際に可能なことが判明しました。

でも巻き戻したところで死んでることにはかわりなくねと思ってたら9分以内なら心臓が復活する可能性があるのね。

オカルティック・ナインのナインは何を指しているのかと思ってたがこれだったのか。

ポヤガンを使うことで生き返ることに成功しました。

でも西園梨々花はどうやって戻ったんだ?

西園梨々花が鍵を得た可能性はなくもないけどポヤガンを使った可能性は多分ないし。

オリジナルのウォーデンクリフタワーを使ったのか?と思ったが場所的にも時代的にも無理だし。

アストラル体視点で時間が巻き戻っているだけで時間そのものの進みは変わってないと思われるからポヤガンを使った可能性は低いんだよな。

相互認識でポヤガンを増やした可能性が一番高そう?

森塚との話の途中で消えたのも謎だな。

幽体離脱と違って体自体は残らずに自在にアストラル体になれるってことなのか?

 

鍵の在り処

11話で相互認識によりポヤガンの鍵は行方不明になりました。

しかし、再び相互認識によりガモタンの元に鍵が戻ってきました。

ないことを認識したら鍵はなくなるけど、在ることを認識すれば鍵は出てくるのか。

ないと認識するまで残っているのだから当然ではあるか。

ガモタンならできるみたいに言ってたけどガモタンじゃなくてもできそう。

結局鍵は湖のそこに落ちてたっぽいな。

演出的に落ちてた鍵がなくなったのは基本的にはどっちかしか存在できないってことか。

スカイセンサーは明らかに同時に存在してたけどあの時はどっちが本物か確定していない状態みたいなイメージでいいのかな。

 

組織の野望を阻止!

オカルティック・ナイン 12話

*出典:公式サイト

オッドアイの起動まで待つと死後9分以内に戻ることはできませんが、ガモタンは組織の野望を阻止するために残りました。

組織の人との戦いで相互認識を使いこなしていたのは面白かったです。

これってアベリーヌが鍵になってたら詰んでたってことだよな。

オッドアイの破壊に向かった時、スカイセンサーで周波数を合わせるシーンがあったけど、オッドアイによって変えられた周波数を戻すことで現実に戻れたってことでいいのかな?

確かにスカイセンサーを持ったガモタンは最強だった。

無事オッドアイを破壊し組織の野望を阻止することに成功しました。

時間的にはガモタンも生き返れたと思うんだが間に合わなかったのか?

霊体としては存在しているのは確かだけど、戻れなかった理由が気になる。

スポンサーリンク

アニメ全体の感想とまとめ

多くの事件や謎がひとつに収束していくのは面白かったです。

ここまで謎を絡める作品は少ないのでかなり楽しめました。

情報が多すぎて一部忘れるのは欠点だったと思います。

1回見て理解しきるのはかなり大変だと思う。

伏線を見逃している部分ありあそうだし。

まだ謎な部分がいくつかあったのは気になります。

多分ゲームで明かされるから隠しているんだろうけど。

あすなだけは何で特殊な能力を持っていたのか謎だったな。

アストラル体に関係してそうだが、物体に宿る電気を利用しているとかそんな感じ?

他にも謎がいくつか…。

ガモタンは一度生き返って5日後ぐらいに再度霊体になれば、オッドアイを破壊しつつ生き残れたと思うけどどうなんだろう?

流石に分かってて死ぬのは怖いからそういう意味でできないか。

でも悪魔みたいに幽体離脱的な感じでアストラル体になれれば可能な気がする。

悪魔や西園梨々花はあまりストーリーに関わってこなかったしここら辺もゲームで明かされそうだな。

 

オカルティック・ナイン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

新品価格

¥5,623から

(2016/10/23 03:35時点)

Occultic;Nine1 -オカルティック・ナイン- Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-の他の話数は以下から読めます。

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-考察&感想全話まとめ

この記事もオススメ

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 疾風迅雷のナイトハルト より:

    どうせ商魂逞しい天下の志倉の兄さんや。
    シュタゲの最終回改編みたいにトゥルーエンドを映画化して有料で放映してくれるやろ。
    志倉千代丸はん!!
    ガモタン復活END映画化期待しとるで!!この落とし前きっちりとって、呆れとるファンの信頼取り返してな!!もう一度言うガモタン復活END映画化してな!!