幼女戦記 2話考察&感想 ターニャの過去が判明!

2話はプロローグでした。

あえて異世界転生モノということを1話で隠す展開はなかなか良かった。

これはかなり面白くなりそうだ。

幼女戦記考察&感想全話まとめ

幼女戦記 2話放送前の予想

幼女戦記

*出典:公式サイト

主力部隊の再配置が終わったようなので本格的な戦闘に入るのかな?

帝国の作戦がどの程度有効なのかわかりそうですね。

そもそも既にかなり被害出てる時点で失敗だと思うけど。

1話の最後でターニャについても触れられていたので、ラインの悪魔と呼ばれる理由もわかりそうかな。

強いとか厳しいとかそれだけじゃなそう。

主力部隊の到着によって戦況も変化するだろうし、今後どうなっていきそうかも2話でわかりそうかな。

幼女戦記 2話考察&感想

幼女戦記 2話

*出典:公式サイト

予想は外れました。

というか分かるわけないw

でもターニャの正体という意味ではちょっと合っていたかな。

ターニャの過去というかライン戦線の前までの話って感じかな。

転生

幼女戦記 2話

*出典:公式サイト

ターニャは元々東京でサラリーマンをしていました。

いきなり始まったからチャンネル間違えたかと思った。

東京ではエリートサラリーマンをやっていたが、部下をクビにした結果、駅のホームから突き落とされました。

死ぬ直前に謎の存在に信仰がないこと言うと別の世界に転生させました。

記憶がある状態で子供からやり直すって何気にあまりなかった気が。

そもそも人が変わる話ってあまりないよな。

そういう意味でも面白い。

幼女軍人の完成

幼女戦記 2話

*出典:公式サイト

貧乏な孤児院からの抜け出すのは流石に厳しいだろと思っていたところ魔法適正があることがわかります。

即軍に入ったのは中身が元エリートサラリーマンならではですね。

魔法の才能もすぐに発揮したのは運が良かったというよりはXのいたずらかな。

すぐに新人の教育担当になるがちょこちょこ問題を起こします。

現実世界で死んだ理由をまたやってるな。

これを直さないとそのうちまた殺されそうだな。

実地訓練に入るが敵が襲来。

ターニャは弾着観測に務め、敵の大半を撃破し初戦を鮮やかに勝利と思ったところで敵の魔導部隊に襲われる。

援軍来るまでの時間をカップ麺を食べ終わるまでの時間で表すのは面白い。

仕方なく単身で戦うことにしたターニャ。

まだ新人なのに勝てたのは才能もあるだろうけど、相手が油断してたのもあるかもな。

ターニャ自身は軍での評価を落とさずに離脱することが目的だったので自爆して敵を倒す。

結果的には賞を貰い前線に送られる危険が。

半端に目立つよりはある程度英雄的な存在の方が安全とも言えるし、本人が思っているよりは良い結果だった気がする。

スポンサーリンク

まとめ

2話は1話よりも前の話でした。

まさかの異世界転生モノだったうえに、元の人物がそれなりに有能だったのは最近の中ではめづらいし気がする。

それでも魔法や戦争は体感したことがないので常に勝てるということはなさそうなので戦記モノとしては面白くなりそう。

幼女戦記の他の記事は以下から読めます。

幼女戦記考察&感想全話まとめ

幼女戦記 単行本1-6巻セット

新品価格

¥6,480から

(2017/1/2 22:23時点)

TVアニメ「 幼女戦記 」オープニングテーマ「 JINGO JUNGLE 」

新品価格

¥1,296から

(2017/1/2 22:24時点)

この記事もオススメ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする