幼女戦記 アニメ5話考察&感想 大隊の圧倒的力!

幼女戦記 5話

5話は前哨戦って感じでした。

大隊の初陣としては良かったのかな。

今後の戦いが楽しみだ。

 

幼女戦記考察&感想全話まとめ

幼女戦記 5話放送前の予想

幼女戦記

*出典:公式サイト

4話でターニャは大隊を率いることになりました。

そして大隊のメンバーはターニャが決めることに。

応募多すぎだろ。

ターニャが考えるより戦争で名誉を得たい人は多い世界のようだ。

 

5話は大隊を結成し、初陣までやるのかな?

後方配属になるには少なくとも大隊の跡継ぎが必要だから、人選は大事だな。

ターニャの方が寿命が長そうなのは問題かw

幼女戦記 5話考察&感想

幼女戦記 5話

*出典:公式サイト

予想は大体合ってました。

面白かったけど考察し甲斐がないのはある意味残念。

人選と訓練

幼女戦記 5話

*出典:公式サイト

ターニャは出撃を遅らせるため、厳しい基準を設けて、志願者を落としていました。

当然ですが上からは急げとの命令。

結果的には良い人材が集まったから、ターニャ的にも良かった気はする。

 

出撃を遅らせるために脱落者を出そうとした訓練では全員乗り切る。

これは志願者を絞り込みすぎた結果だな。

戦場に出るなら優秀な兵が来たほうがいいけど、最初から緩く募集していれば訓練段階で脱落してくれたかもしれない。

いつか行くのは確定なんだから長い目で見れば最善だったとは思うけど。

 

ターニャは帝国兵と考え方が違うのは覚えたほうがいい気がする。

雪崩ぐらいじゃ諦めないぐらい忠誠心強いんだから下手なことしても逆効果な気が。

[mobile]

[admo]

[/mobile]

初陣

幼女戦記 5話

*出典:公式サイト

ダキア公国が攻めてきたということで大隊の初陣が決まりました。

 

航空戦力なしで通信も暗号化なしという戦う気があるのかという状況。

罠かと思ったがそうでもなさそう。

 

実弾を使える演習相手という表現は的を得ていると思った。

ただ一方的に攻撃してるだけだったけど、面白くなるように上手く演出してたと思う。

対空射撃に備えて後退とかしてたところを見ると、この大隊はこの世界では新しい戦略ということらしい。

 

どの程度航空戦力に備えのある国があるかによるけど、しばらくの間は敵なしで戦えそうだな。

[mobile]

[admo]

[/mobile]

まとめ

前線行きを恐れていたターニャだったが相手が弱すぎて気にする必要はそこまでなさそう。

兵器開発手伝う方が大変なんじゃ?

流石に今後は楽な戦いばかりじゃないだろうけど、この大隊自体はかなり強いので下手な部隊に所属するよりは安全そう。

 

[mobile]

[admo]

[/mobile]

次回:幼女戦記6話考察&感想

前回:幼女戦記4話考察&感想

幼女戦記の他の記事は以下から読めます。

幼女戦記考察&感想全話まとめ

幼女戦記 単行本1-6巻セット

新品価格
¥6,480から
(2017/1/2 22:23時点)

TVアニメ「 幼女戦記 」オープニングテーマ「 JINGO JUNGLE 」

新品価格
¥1,296から
(2017/1/2 22:24時点)

この記事もオススメ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA