【SAO映画】ソードアートオンライン オーディナルスケール 考察&感想&評価 【内容のネタバレあり】

ソードアートオンラインオーディナルスケール 映画

SAO映画の試写会に行ってきました。

考察はネタバレ全開で書きますが感想はなるべく内容のネタバレがないように書きます。

前半は試写会前に書いた予想なのでネタバレ嫌な人も記事の前半は見れるはず。

 

ソードアートオンラインオーディナルスケール 予想編

ソードアートオンラインオーディナルスケール 映画

*出典:公式サイト

劇場版ソードアートオンラインは映画のために描き下ろされたストーリーです!

今度はVRじゃなくてARということでかなり期待!(僕はVRよりAR派)

プロローグについて

ソードアートオンライン 映画

*出典:公式サイト

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫
――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。
それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

 

公式サイトより引用

アニメ2期まではナーヴギアによるVRゲームの話でしたが、今度はオーグマーによるARゲームの話です。

1期から4年経ちARが普及した世界ということがわかっていれば良さそうかな。

詳しくは次章以降で。

VRについて

映画ではARがメインの話ですが、アニメでのメインだったVRについて確認したいと思います。

とはいえアニメが放送されていた時期に比べて現実世界でVRそのものが普及してきたので今更説明する必要もない気がする。

ソードアートオンラインは未来のデバイスを用いたゲームの話なので、PSVRを始め最近やっとVRゲームが出てきたというのは重要な要素だったりします。

 

現在のVRゲームは映像など視覚的に仮想空間に入っていますが、ソードアートオンラインはフルダイブなのが特徴です。

1期でゲームからログアウトできなくなったのもフルダイブだったから可能だったと言ってもいいでしょう。

おそらくVR酔いとかの問題もフルダイブなら解決してるはず。

プレイヤーの身長なども再現してるだろうし。

 

VRは仮想空間に入り込むのが特徴となるので、異世界召喚に近い状態になると考えていいです。

ある意味何でもできるのがVRの利点ですし、映画でも重要な意味を持つ可能性があります。

 

ARとオーグマーについて

ソードアートオンライン 映画

*出典:公式サイト

小型のヘッドホンのような外見の次世代ウェアラブル・マルチデバイス。
そのコンパクト性はVRマシン≪アミュスフィア≫をはるかに凌駕する。
フルダイブ機能の代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた。
覚醒状態の人間に視覚・聴覚・触覚情報を送り込むことが可能で、
フィットネスや健康管理をゲーム感覚で楽しんでいるユーザーも増えている。

 

公式サイトより引用

VRと一緒に語られることが多いのがARです。

ARはVRと比べて遅れを取っていると僕自信は考えています。

ARは任天堂が比較的取り入れており、3DSに付いてきたARゲームスやポケモンGOなどがあります。

ARの手法はいくつかありますが、オーグマーはポケモンGOと同じ位置情報をメインに扱っているんじゃないかなと予想しています。

それだけでは最先端って感じじゃないので位置情報+周囲の風景や人などって感じでしょうか?

 

ARはVRと違い現実空間に仮想物体を表示することが特徴となります。

メイドラゴンとか亜人ちゃんとか今期アニメはARに近いですね。

ドラゴンとかを現実世界に擬似的に召喚できます。

 

もう一つ重要なのがフルダイブじゃない点です。

ナーヴギアはフルダイブのVRでしたがオーグマーはARなので、フルダイブどころか完全に起きています。

普通の生活の中にドラゴンを召喚したような感覚です。

 

多くの人はVRと同じような感覚で遊んでいるようですが、現実世界で遊ぶという最大の違いがあります。

そのために起こる事件と戦うのが映画の内容かな?と予想。

 

オーディナルスケールについて

ソードアートオンライン 映画

*出典:公式サイト

≪オーグマー≫専用ARMMO RPG。
最新技術を用いた次世代的ゲームとして話題となり、発売と同時に世間を席巻した。
現実世界をフィールドとして、各所に出現するアイテムの蒐集、
モンスター討伐などを経てプレイヤーの≪ランク≫を上げていく。
≪オーディナル・スケール(OS)≫の特徴はこの≪ランキング・システム≫で、
全てのプレイヤーのステータスは、基数(カーディナル数)ではなく
序数(オーディナル数)であるランクナンバーによって決定される。
ゆえに、ランク上位のプレイヤーには圧倒的な力が与えられ、
ソロのPvPにおいては、ランクの順位が勝敗の大きな要因となる。

 

公式サイトより引用

ARなので現実世界がフィールドなのは当然として、ランクで強さが決まるというのが気になりますね。

キリトを後から参加させることで他のプレイヤーを強くするのが狙いか?

PvPのことについて書いてあるけどプレイヤー同士の戦いとモンスターとの戦いどちらがメインになるんだろう?

 

何か事件が起こるのは確かだと思うけど、ARならプレイヤー同士でもモンスターでもどちらでも意図的に何か起こすことは可能なんだよね。

 

プレイヤーの能力がどの程度影響するのかが問題だな。

走る速さとかがそのままなら、スポーツ選手とか身体能力が高い方が有利だし、そうじゃないなら完全にランクだけで決まる可能性もありあそうだ。

 

もう一つ気になるのがオーディナルスケールやっていない他の人にはどう影響するかだな。

ARである以上、ゲームをやってない人が周りに存在することは普通に起こり得るわけだが、それはどう対処されているのか。

それが重要な要素になるか、ご都合主義で気にしないかのどっちかかな。

 

予想のまとめ

予想を簡単にまとめると

  • VRではなくARであることによる事件とか起こる?
  • プレイヤー自信の能力が影響?
  • ランクは重要な要素?

ARはVRと比べてフルダイブじゃないという安心感があるので、逆にいくらでも付け込む隙がありそう。

スポンサーリンク

 

ソードアートオンラインオーディナルスケール考察&感想

感想

間違えて見た人のネタバレ回避用に感想から。

次章以降はネタバレありで書くので嫌な人はバック。

 

まず何と言ってもSAOのセカ期間を完璧に再現している絵が凄かった。

まるで実際にVRやARゲームをプレイしているようだった。

 

ストーリーも良かったし過不足なかったと思う。

2時間もあれば十分一つの話を描けるね。

設定自体へのツッコミはともかく、描写不足とかはなかったと思う。

 

東京の有名な場所は大体出たんじゃないかってぐらい色々な場所が出たのでそこも面白かった。

疑似聖地巡礼みたい?これはARが題材である特徴と言えるかな。

恵比寿ガーデンプレイスが出てきたのはかなり珍しい気がする。

 

会話ログなど文字が小さすぎて全く見えなかった。

普通の映画館なら見えるのか?と思ったが字幕より小さいだろうし、普通に見えなそう。

前の方の席じゃないと物理的に見えないかも。

 

不満は少しありますがそれを差し引いても面白かったので、わざわざ見る価値あると思います。

 

オーグマーとそれを使った生活について

オーグマーが普及したことにより生活も変わりました。

大きく変わったというよりは補助ツール的な感じですね。

SAOでやっていた空中でのキーボード操作を現実でもやってる感じです。

 

しかし、ゲーム内での店と違って現実の店は新しいデバイスが生まれればそれにあったサービスが生まれてくるもので、飲食店内でARゲームをクリアすればクーポンが貰えるなどのサービスがあります。

また、ARVRだけでなくAIも発展しているため、オーグマーのユーザの好みに合わせて自動でデザートを注文したり、健康に合わせてメニューを提案したりできます。(機械学習)

 

このようにオーグマーの出現により、生活が変わったということは重要な点です。それが映画の序盤で描かれていました。

 

オーディナルスケールについて

オーディナルスケールはARMMORPGとしてオーグマー発売直後から流行っています。

オーディナルスケールの特徴はランク制らしいですが、そこまで影響なかったような…。

ランクが上がれば各企業からクーポンが貰えるなどの特典があるけど、ゲーム内でどこまで影響するのかわからなかった。

素のステータスとか装備とかに影響あるのかも?

 

戦闘はARなので自身の体を使う。

キリトは運動不足だったのでコケたりしている。

おそらくスポーツ選手とかは有利になるはず。

作中では出なかったけど。

 

何だかんだでゲームに慣れているSAO経験者は有利なようだ。

 

ユナについて

ユナは初のARアイドルとして人気です。

シリカもかなりのファンでリズに乗せられてデパートの真ん中で歌ってたりしてた。

割りとドルオタしてて面白かったw

 

ユナは本当にARで表示しているAIなのか、誰かが演じているのかが話題になってました。

これは重村教授の娘(字忘れた)が復活する過程で記憶が少しずつ戻ってきたからかな?

最初は歌を歌うためのAIだったからそういう話題が出てきたのだろう。

 

関連記事:ユナのARライブ見に行ってきました

 

SAOボスの出現と一緒に起こる事件

SAOのボスがオーディナルスケール内で出現するイベントが何度か起こりました。

ポイントが多く貰えるということで多くのプレイヤーが参加しました。

SAO経験者を誘い出すのにはいいやり方だったと思う。

 

アスナが2度目に参加したSAOボス出現イベントで風林火山が襲われました。

この時点で襲われた人や記憶が奪われた人が何人かいたはずなのに警察や組織がまともに動けなったのはよくわからんな。

少なくともクラインの証言を聞けばランク2位の仕業まではわかったはずだし、傷害罪で逮捕するには十分なはず。

記憶を奪った方の証拠にならないから泳がしていおいたとかなのかな?

 

アスナの記憶が奪われた

SAOのボスと戦っている時にシリカを庇ってアスナが攻撃を受けSAOでの記憶を思い出せなくなりました。

SAOのボスの攻撃でHPが0になるとSAOでの記憶だけが奪われることがわかりました。

 

この辺の事件の設定はなかなか面白かったし、キリトがオーディナルスケールで戦う理由にもなるしで上手かったと思う。

 

今回はたまたまアスナのHPを0にする状況を作れたけど、強いプレイヤーを倒す自身はあったのか?

確かにキリトはARに慣れてなかったし、プレイヤーの強さはランク依存だからSAOのボスを知っていても倒せない可能性はあっただろうけど、アスナレベルだったら普通に勝ててたしなぁ。

90層ぐらいのボスなら倒せるだろうという算段か?

 

効率悪いけど、まずは低層のボスで弱いプレイヤーの記憶を奪っていたということかな。

[mobile]

[admo]

[/mobile]

白いフードの少女

白いフードの少女が重村教授の娘だったわけだけど、ユナと別々だったのは良くわからなかった。

ユナに重村教授の娘の記憶をコピーするのと白いフードの娘は同じような状態だと思うんだが…。

ユナがARじゃなくてロボットとかならわかるけど。

 

 

白いフードの少女は何でキリトの前に現れたのだろうか?

幽霊の噂はそれなりにあったらしいから、何人かあってたまたまという可能性はあるが。

 

白いフードの少女は何度かどこかを指差していたけど何でキリトはすぐに調べなかったんだ?

アスナの記憶が奪われるまでやる気が出なかったとかならわからなくもないが、少女の存在自体には興味を持っていたようだし。

割りと早い段階で何かを指しているの気付いてたっぽいし、ここは引き伸ばしすぎだったかなと思う。

 

キリトの活躍

キリトはアスナを助けるためにSAOボスを狩ることに。

ユイも調査で大活躍だったな。

というかユイはかなりチートキャラだよな。

 

いつもと違いボスが一斉出現したのでキリトはバイクで移動しながら全部狩る。

バイク移動で制限時間内にボスを倒せるのか?って疑問出たけど、気にしてはいけないんだろうな。

途中でかなりダメージ受けてたけど回復とかどうしたんだろ?

アイテムくらいはありそうか。

 

ある程度と倒したところでエイジとの戦いへ。

エイジとの戦い

遂にエイジとの戦闘に。

ランク2位というだけあってかなり強い。

運動不足&さっき上げたばっか程度のランクということでキリトはかなり不利なはずだが、流石は元攻略組といったところか。

むしろエイジはランクが高いだけとも言えたかも。

 

エイジの身体能力を強化している装置を奪うことで、動きを普通に戻し一撃を喰らわしたキリトの勝利。

物理で攻略できるのがARならではって感じで良かったと思います。

クラインとエイジの戦いとか、ARを活かした戦いが多かったのは良かった。

 

最終決戦

エイジを倒したが重村教授の計画は止まらない。

ユナのライブに多くの観客を集め、その中のSAOサバイバー全ての記憶を奪い、重村教授の娘の復活を狙う。

SAOボスを使う理由がここで戦闘させるためでもあったので、理由が一貫しているのが良いと思った。

 

キリト達が奮戦するが流石にボスの数が多すぎる。

 

白いフードの少女の力により、オーグマーのフルダイブ機能がアンロックされる。

ナーヴギアの試作機がオーグマーとのことらしいが、なんか違和感あるな。

SAOの世界はあくまでもVRがメインということか。

 

フルダイブを使ってSAOの100層へ。

当たり前だがかなり強い。

というか勝たせる気ないだろw

キリト、リズ、シリカ、シノン、エギルの5人じゃ流石に数が足りない。

 

しかも完全回復のスキルあるし。チート過ぎるw

アスナが援軍に来るもそれでも足りない。

 

その後ユイにより、リーファやALO組が援軍に来てくれた。

これで勝てる見込みができた。

さらにユイの力でSAOのデータをロードしキリトとアスナの装備が復活。

アスナが自然とかつての技を繰り出すが、記憶なくても使えるのか?というツッコミはしない方が良さそう。

ソードスキルに頼ればできなくもないのか?

 

トドメはキリトの16連撃!

このバトルはかなり燃えた!

絵もかなり良かったし。

 

この後はボスからドロップした剣を使い、現実世界に出現する敵を倒しまくる。

無事アスナの記憶を取り戻しエンディング。

[pc]

[adpc]

[/pc]

まとめと評価

映画としてかなり上手くストーリーがまとまっていたし、燃えるシーンも感動するシーンもあって良かったと思います。

笑えるシーンもあったしね。

 

音楽もかなり良かった。

戦闘中で歌が若干聞こえづらかったけど、戦闘シーンに合っていたし、普通にライブシーンもあったので別に良いかなと言う感じ。

 

何だかんだで絵が一番良かった気がする。

そう思えるぐらい絵はかなり良かったと思う。

 

最初に挙げた通り字が見えないとかの不満もあったり、ツッコミどころがちょいちょいあったりしたが、それ以上にプラス部分の方が多かったので映画としてかなり良い作品だったと思います。

 

次作も決定してるし楽しみ。

ネットでは3期と言われてたがSAO will returnだけでは3期か映画かわからなくね?

[mobile]

[admo]

[/mobile]

ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

新品価格
¥23,699から
(2017/2/3 23:00時点)

Catch the Moment(期間生産限定アニメ盤)

新品価格
¥1,404から
(2017/2/3 23:01時点)

【Amazon.co.jp限定】劇場版「ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール- 」B2布ポスター付通常前売券

新品価格
¥5,247から
(2017/2/3 23:02時点)

 

この記事もオススメ

 

“【SAO映画】ソードアートオンライン オーディナルスケール 考察&感想&評価 【内容のネタバレあり】” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    アスナが無くしたのはsaoの記憶だからaloでの記憶は無くしてないよ。
    だからマザーズロザリオ使っても何もおかしくない

    • ラスター より:

      コメントありがとうございます。

      でもSAOの装備で戦えているのは少し違和感が…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA