幼女戦記 アニメ11話考察&感想 戦争は終結したと思われたが…

幼女戦記 11話

帝国の勝利はほぼ確定しました。

大隊はアンソンの部隊に襲われるがどうにか生き延びる。

しかし、戦争はまだ終わっていない?

 

幼女戦記考察&感想全話まとめ

幼女戦記 11話放送前の予想

幼女戦記

*出典:公式サイト

アンソンの部隊はかなり強そうです。

これは厳しい戦いになるか?

殿軍から司令部攻撃まであまり時間なかっただろうから大隊の休養は十分じゃなさそうだし。

 

多分アンソンの攻撃理由って存在Xが噛んでるよな。

フィヨルドでそんな感じだったし。

 

戦争が終わっても存在Xをどうにかしない限りは終わらなそう。

スポンサーリンク

幼女戦記 11話考察&感想

幼女戦記 11話

*出典:公式サイト

存在Xはそこまで関係してなかったな。

アンソンに最初に干渉してからは何もしていないっぽい?

アンソンの襲撃

幼女戦記 11話

*出典:公式サイト

少数精鋭のターニャの部隊に対して大隊規模の襲撃はかなり厳しい。

珍しくかなり苦戦してたな。

 

雲に隠れてやり過ごしたり、高さを活かしたりと戦術面で面白かった。

旋回しながら銃撃したり、発射位置と移動位置を考慮した感じの描き方など、戦闘シーンの絵も良かったと思う。

 

最後はターニャとアンソンの一騎打ち。

アンソン自爆前提かよ。

フィヨルド以後は家族のことあんまり考えてない感じだったし、存在Xの影響か?

あの至近距離でターニャが無事なのはターニャが強すぎるからなのか、アンソンの読み違いか…。

 

割りとピンチかと思ったが無事に帰還できて良かった。

終戦?

共和国は帝国に首都を明け渡し停戦しました。

講和は植民地の譲渡辺りで考えているとのこと。

このあたりで何かおかしいなと思っていたら、ターニャが共和国が反撃のための戦力を避難させていることに気付く。

 

直ちに出撃し反撃の目を潰そうとするターニャだったが、参謀本部の命令で出撃できず、チャンスを逃す。

これは悔しい。

けど何で今までターニャの意見を比較的受け入れていたのに今更出撃許可が出なかったんだ?

確かに消費は大きそうだが、それに見合った効果はありそうだが。

 

次回は見逃した結果どうなるかって話かな。

まとめ

11話は帰還中のターニャの部隊が襲われましたが、なんとか無事に帰還。

存在Xの仕業だと思いますが、どこまで噛んでたかはわかりませんでした。

帝国は停戦しましたが、共和国は残存戦力を逃していることが判明。

直ぐに潰そうとするが参謀本部に止められ叶わず。

このことがどこまで影響するのか?

 

次回:幼女戦記12話考察&感想

前回:幼女戦記10話考察&感想

幼女戦記の他の記事は以下から読めます。

幼女戦記考察&感想全話まとめ

 

幼女戦記のOPは2017冬アニメの中でも特におすすめ!

幼女戦記 単行本1-6巻セット

新品価格
¥6,480から
(2017/2/25 02:17時点)

TVアニメ「 幼女戦記 」オープニングテーマ「 JINGO JUNGLE 」

新品価格
¥1,296から
(2017/1/2 22:24時点)

【Amazon.co.jp限定】幼女戦記 1( 全巻購入特典:「ターニャ・デグレチャフ少尉、戦勝記念肖像画(アニメ描き下ろしイラスト使用 キャンバスアート)」引換シリアルコード付 ) [Blu-ray]

新品価格
¥14,040から
(2017/2/25 02:18時点)

この記事もオススメ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA