正解するカド アニメ2話考察&感想&評価 カドとヤハクィザシュニナについて

正解するカド

2話はカドやヤハクィザシュニナのことが少しわかりました。

これで世界観がだいぶわかったので、色々考えようもありそうだ。

 

正解するカド全話考察&感想まとめ

正解するカド 2話放送前の予想

正解するカド

*出典:公式サイト

ヤハクィザシュニナが人類に呼びかけたところで終わったわけだし、ヤハクィザシュニナ何のために来たかはわかるはず。

要求するだけで目的はわからない可能性もあるが、要求からある程度予想はできるか?

 

真道もカドの上から出て来たけど、あそこから降りるの無理だよな。

ヘリがカドの上空に達してたから救出はできなくもなさそうだが、妨害されるだろうな。

 

ヤハクィザシュニナがどうするかにかかっているだろうし、話を聞かないとどうしようもなさそうだ。

友好か敵対かもわからないが、イントロダクションを見た感じこれから決まるのか?

正解するカド 2話考察&感想

ヤハクィザシュニナとカドについて

ヤハクィザシュニナは別宇宙から来ました。

カドはヤハクィザシュニナの所有物です。

様々な超常現象のような出来事はカドの特性ということかな。

ヤハクィザシュニナ自身はカドを扱うことで超人的なことができるのか、元々カドと同じような特性をもつのかわからなかったけど、後者が近そう。

ヤハクィザシュニナとカドの関係は人間が道具を使うようなものだろうから、ヤハクィザシュニナ自身が変わったことができてもカドが必要ということかな?

 

カドは境界体(字は不明)と呼ばれるようです。

真道がカドに降りるまで光がなかったけど、あれが起動の合図なのか?

ヤハクィザシュニナに目的がある以上、既に動いていそうな気がするが。

 

ヤハクィザシュニナと真道が対面した時にスマートフォンを取り込み多くの情報を取得しました。

さらに乗客の食料も確保可能。

しかし、乗客を外に出すためには30日かかるという。

理由はカドの中の人をカドの外に行けるように変換するためらしい。

このことからカドの内部と外部で物理法則か何かが違うことがわかる。 

 

 

内部は特殊な空間になっているから、飛行機が内部に取り込まれても無傷なのは変換されて別の物体になったということか?

1話で人間側が色々やったときはびくともしなかったのが謎だけど、何らかの条件を満たし、カドの内部に対応できる状態に変換することで内部に入ることが可能になるということかな?

 

カドの力を使えば情報さえあれば、何でも生成できるようだ。

スマホで得た情報で言語だけでなく、食べ物の生成なども可能になったと思われる。

流石に地球上のどこかから得ているということはないと思うから、カドが生成しているかヤハクィザシュニナが元いた場所から持ってきているかってことになるか?

あの感じだとカドが生成していると思う。

材料とかは必要としないか、かなり便利な材料があるかのどっちかか?

質量に依存するという可能性もあるか。

真道を外に出すのに3時間かからないんだから乗客の1食分を作るのぐらいならそんなにかからないのかも?

ヤハクィザシュニナの目的は?

ヤハクィザシュニナの目的は人類と交信することです。

しかし、それ以上のことはわかりませんでした。

 

交信したいというわりには情報などが現地調達に近いのが不思議だ。

 

人類を試しているということか?

ヤハクィザシュニナの方がテクノロジーの面で有利で情報がなくてもピンチになることはないから、その状態からどれだけ友好的な関係になれるか試しているとか?

 

真道に協力を頼んでいたことから、ヤハクィザシュニナに交信しなければいけない理由があるのかもしれない。

地球に移住するかヤハクィザシュニナに地球人を住まわせるかのどちらかがありえそうか?

スポンサーリンク

まとめと評価

ヤハクィザシュニナとカドについて少し判明したので、掘り下げて考えてみました。

目的はわからないことが多すぎて予想になってないレベルですが、どういう存在かについては多少は予想になっているかな。

少なくともこの宇宙の物理法則を適用することは考えないほうが良さそう。

 

2話は1話の疑問の多くに回答していたと思うので良い展開だと思いました。

そしてこれから物語進みそうな雰囲気を出して次回を楽しみにさせる感じは良かったと思います。

3話も期待。

 

次回:正解するカド3話考察&感想

前回:正解するカド1話考察&感想

正解するカドの他の記事はコチラ↓

正解するカド全話考察&感想まとめ

この記事もおすすめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA