正解するカド アニメ4話考察&感想&評価 国連との戦い

正解するカド

4話は国連からの圧力が大きかったですね。

かなりゆっくりな展開だな。

 

正解するカド全話考察&感想まとめ

正解するカド 4話放送前の予想

正解するカド

*出典:公式サイト

人類を推進した結果ヤハクィザシュニナにどんな得があるのかが重要になりそう?

パンの理論で無条件に推進しているのかもしれないが、正解を見つけろみたいなこと言ってたし何か目的があるはず。

 

4話は多分、交渉の続きだと思うけどどうなるのか。

ワムを渡すことが目的だったなら、ワムをどう使うかって話になるかもだけど。

 

異方についてちゃんと話す機会を設けるとも言ってたし、しばらくはヤハクィザシュニナからの情報が中心になるかもな。

正解するカド 4話考察&感想

正解するカド4話

*出典:公式サイト

4話はワムを巡る話でした。

 

国内ではワムやカドについて世論が2分というよりは中立が多い状況。

まあ判断するの難しいわな。

国内に認められない状態で政府だけが覚悟を決めても、世界を相手に戦い抜けるかは微妙な気がする。

ヤハクィザシュニナの意図は政府だけでどうにかできるような単純な話じゃない気がするし。

 

国連ではワムの管理を決定し、ワムの提出を日本に求めました。

まあ当然の判断だと思うが、あまり良い手ではない気がする。

外交断絶等は日本に大きな痛手だが、電力無限の国が本気出したら1国で世界を独裁しかねないし、最初から圧力をかけるのは間違っていると思う。

電気だけじゃ、そこまで脅威じゃないと言えばそれまでだが、資源を提供する国が出てくる可能性もあるしな。

 

花森が首相レベルの権限を得たのは意外だった。

真道が異方側に付くのはわかるし確かに一番動きやすそうだ。

花森は真道から見れば実力あるのかもしれないが、経験豊富な人がやっても良かった気がする。

カドの中にいる人である必要があったのか?

 

次回:正解するカド5話考察&感想

前回:正解するカド3話考察&感想

正解するカドの他の記事はコチラ↓

正解するカド全話考察&感想まとめ

この記事もおすすめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA