エロマンガ先生の山田エルフから学ぶ【アニメ名言】

エロマンガ先生の山田エルフ

エロマンガ先生の山田エルフが名言っぽいことを言っていたので記事にしてみました。

今まではこういう記事はなかったですが、今後増えるかもしれません。

エロマンガ先生の山田エルフから学ぶ

エロマンガ先生の山田エルフ

*出典:公式サイト

エロマンガ先生の3話は結構面白かったです。

みんな才能開花するの早すぎだろというツッコミはあるけど、みんな作品を作るために頑張っているのは良いですね。

 

今回はエロマンガ先生の3話で山田エルフ先生が名言言っていたことについてです。

まさかこのアニメからこんな名言が飛び出すとは。

 

やる気がないのに原稿を書くな!

 

この言葉かなり大事だと思います。

やる気がない時に面白いことを書くより、やる気がある時に面白いことを書いたほうが面白いに決まってる。

というか正宗は学生なのに仕事として取り組んでいたのか。

趣味でプロをやっている山田エルフは本来の姿だと思う。

作家じゃない僕が言うのもアレだが、このブログは本気で書いてるし。

 

アルバイトのようなマニュアル化されている仕事は毎日決まった時間に決まった量をこなすのが大事だけど、ラノベ作家のような創作はどれだけ良いものが作れるかが大事だと思います。

そのためにはやる気がある時に書いた方が良いものは作れますね。

 

実際、僕も記事を書く時はやる気がある時の方が良い記事を書けてると思います。

少なくとも自分の中での満足度は高いですね。

やる気がある時に一気にやるべきことや仕事をこなし、やる気が無い時は休む。

 

本当は仕事も時間や曜日を決めない方がいいんだけど、

社会的にもシステムにも難しいのが課題かな。

その分同人のような活動をしている人は

やる気がある時に頑張るというのを意識したほうが良いと思います。

(僕は同人誌は書いたことないけど、TRPGのシナリオ作りとかには当てはまるかな。)

 

今後も基本的には毎週アニメ記事を更新しますが、

書く気が起きない時は更新を止めるかもしれません。

その方が結果的に良い記事を書けるし、見に来てくれる人も楽しめると思うので。

 

この考え方は創作系の他の分野でも重要だと思います。

例えば大学の研究室とかでも、アイデアが出ない時はその日の研究は止めて次の日に改めて考えるといいアイデアが浮かんで研究が上手くいったりもします。

 

時には締切などに囚われずに仕事するという考え方も持っていると良いと思います。

 

僕は元々こういう考えを持っていたので、3話の山田エルフの言葉にはかなり共感しました。

4話は山田エルフの仕事振りを見れるようだし、また名言が生まれるかも?

なぜこの記事を書こうと思ったのか?

このブログを始めてから10ヶ月ぐらい経ちます。

始めた当初は元々ブログが好きだったのと、好きなことを書いてお小遣いを稼げればいいなと思って新しく始めました。

 

しかし↓の書籍を読んで本気で考えが変わりました。

自由な人生を手に入れる教科書

期間限定で無料で読める書籍なので読んでみてください。

 

これを読んで今までのような記事の書き方では、

読者の皆様への価値提供が足りないと感じました。

不十分とは言わないけどもっとできると思う。

 

今は自由じゃないから、やる気がない時に記事を書いてしまうこともあるし、

結果的に自分の最大限の力を出せていないこともあるのが原因かな。

 

なので更にブログを良くするために別のところで

新しいことを始めてスキルを磨こうと考えています。

 

そしてこのブログも更に進化できればと考えています。

 

そういうことを考えていた時にエロマンガ先生の3話が放送されて、

山田エルフが良いこと言ってた。

やる気がある時にやるべきことをやれるような自由が欲しい。

 

やりたいことがある人は山田エルフのような自由な考えをもって、

自由を目指すのもいいと思う。

 

今後もこのブログは今まで通り更新を続けますし内容も今まで通りです。

こういう響き方をしたのは初めてだったから

今後、アニメの名言記事を書くかはわからないけど。

 

これからもよろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA