2016夏アニメ:Rewrite 6話 考察&感想 朱音は何者?虹の楽園とは?【ネタバレあり】

Rewrite 6話

5話で日常回が終わったと思ったら6話は日常成分多めだった。字幕回でもあったw

Rewrite 6話

Rewrite 6話

*公式サイトより引用

5話はルチアを根本的に救った訳ではないが、静流以外にも友達がいることを教えた話でした。ルチアの能力や手袋の理由もわかりました。

参考:5話考察&感想

5話で約束したメイド服&手作り弁当からスタート。ルチアのメイド服可愛かったです。そしてルチアは能力のせいで味覚が正常ではないことが判明。能力持ちはデメリットが何かしらあるのか?そうなると瑚太郎も何かデメリットある?

ちはやとも仲直りしたしめでたしめでたし。

6話の注目ポイントは

  • 虹の楽園やこの世界の自然について
  • 朱音の正体

虹の楽園やこの世界の自然について

Rewrite 6話

*公式サイトより引用

オカルト研究会の活動が本格的に始まり、数々の謎を解明していった。エクスカリバーとか面白かったが誰が投稿してるんだ?って感じ。

虹の楽園についての情報を得た瑚太郎はみんなに行こうと誘うが全員から却下される。しかし、強制的に行くことに。なんだかんだみんなついてきてくれるのやさしいな。

ほとんどのキャラは私服初なのでは?森に行く格好なのかツッコミたくはあるが

森を進んでいくと虫が多くなってくる。この世界の都市が全てそうなのかはわからないが風祭は周りを殺虫処理しているので虫がほとんどいないらしい。

さらに奥に進むと虹の楽園と言われていた場所が。ただの環境汚染で済むとは思えない汚染。近づいた小動物は死んでくようでさっきまで生きていたケルベロスも死んだ。ケルベロスのような突然変異種もこれが原因と思われる。

今までの謎の生物はこれが原因なのか?1話で出てきた妖精とかも関係あったりする?

箒が出てきて追いかけたら1話の夢?の中で会った場所と酷似した場所に出たので虹の楽園と箒は重要な関係がありそう。

我々の世界より人工物と自然物を分けた世界のようだ。街にある緑も整備されているからある意味人工的だし。自然を排除しすぎて地球が狂っていく話なのかな?

[mobile] [admo] [/mobile]

朱音の正体

Rewrite 6話

*公式サイトより引用

今まで朱音はオカルトには興味なさそうだったが、地球環境についてはかなり考えているみたい。人間はいつまでこんな生活を続けているのか?と問うた割にはいつもFPSやったりしているから地球環境を守ろうと考えているわけでもないみたい?

何か目的がありそうな発言だったが、予想もつかない。地球規模の問題を1人で解決するのは無理だから力ある協力者を探してるとか?

ちはやの発言は未来から来て地球が崩壊したのを見てきたかのようだった。

参考:7話考察&感想

スポンサーリンク

まとめ

6話は日常回に近かったけどオカルト研究会の活動が本格的に始まったり、世界の核心に迫ったり重要な話もチラホラ見られました。

朱音が考えていることとガーディアンの活動は共通部分もあるから、地球の問題について迫っていく感じになるのかな?

[mobile] [admo] [/mobile]

Rewrite考察&感想全話まとめ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA