正解するカド アニメ5話考察&感想 ワムは作れるのか

正解するカド5話

相変わらずゆっくりな展開だな。

5話は国際連合に対する返答でほぼ終わったw

あの後他国がどうするのか気になるところではあるが。

 

正解するカド全話考察&感想まとめ

正解するカド 5話考察&感想

 

正解するカド5話

*出典:公式サイト

ワムについて

国際連合にワムの提出を求められた日本政府がどう対応するかというところで4話は終わりました。

ヤハクィザシュニナの方策に従い日本政府はワムの提出に応じました。

それと同時にワムの作り方を全世界に発信しました。

あれだけの説明で全ての人がワムを作れるのか微妙なところだけど、

頭のいい誰かが真似してすぐにネットで拡散されそうだな。

 

ワムに重要なのは形と言っていたな。

複数の球体を重ねた感じの形を作れば良いってことかな?

大きさが違うワムもあったのは形だけが重要だからか?

形だけで決まるなら異方はそんなに遠い存在でもないのかも。

カドも正方形を重ねた感じの形だったりするのかな?

 

ワムが作れるとなると他の異方の物も作れるのかな?

カドもワムも異方とこの世界を繋ぐものって感じで、

それ自体が物ではない気もするけど。

異方って物理法則が違う世界ってだけなのかもしれない。

石油は無理でも電力なら無限に作れそうな気がするし。

 

というか慣れればそんなに時間かからないわりにはカドが作るワムの数が少ないような…?

カドは処理速度はそんなに早くなかったりするのか?

ワムの影響について

ワムの作り方を発信したことにより、誰でもワムを作ることが可能になりました。

近いうちに石油などのエネルギーに頼ってくる国は大打撃を受けそうだな。

そもそも個人で電気を作れるなら発電所とかも必要ないし職を失う人も増えるかも。

最終的には異方の技術で必要な仕事はかなり減りそうだが、

社会が適応できるまではかなり時間かかりそうだな。

今は電力が無限になっただけで、それを使う機械は有限なままだし。

結局は工業が強い国が有利なのか?

 

ただ世界がワムに適応するよりも早く、ヤハクィザシュニナは次のことをするだろうしそんなに気にすることでもないのかもしれない。

スポンサーリンク

まとめ

5話でワムを作れることがわかりました。

ワムを国際連合に提供するだけでなく、全世界にワムの作り方を発信しました。

完全に日本が主導権を握ったけど、そもそもヤハクィザシュニナの方策だし、ヤハクィザシュニナの予定通りって感じだな。

敵ではないだろうけど、早めに人類を推進させる理由がわからないとまずい気がする。

 

次回:正解するカド6話考察&感想

前回:正解するカド4話考察&感想

正解するカドの他の記事はコチラ↓

正解するカド全話考察&感想まとめ

この記事もおすすめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA