Re:CREATORS(レクリエイターズ)アニメ8話考察&感想

Re:CREATORS8話

今回はあんまり進まなかった気がする。

重要なことは色々あったと思うが。

 

Re:CREATORS(レクリエイターズ)考察&感想まとめ

Re:CREATORS(レクリエイターズ)8話考察&感想 

Re:CREATORS8話

*出典:公式サイト

軍服の姫君は二次創作のキャラでした。

元の作品と別の世界と扱われるレベルの改変になるのか。

 

逆にアニメ化ぐらいでは同一キャラとして扱われるという認識で良さそうだな。

でも未来とか過去とかの認識はあったから時間軸とかは来た媒体によるようだ。

世界としてどう存在するのかが重要になるのかな。

 

軍服の姫君のことは色々わかったがまだ重要なことは分かっていない気がする。

颯太がどう関わっていたのかもわからなかったしな。

 

作品に関わっていたというよりも作者に関わっていたと言う感じか?

今絵を書いていない理由でもありそう。

 

復讐することが軍服の姫君の目的なので

作品の目的も同じようなことになる。

颯太もそんな感じなこと言ってたし。

 

作品に復讐のことを込めたってことはその前に

何かあったってことだが何があったんだ?

颯太が言っていたことが関係することは確かだが

世界を破壊するほどのことには思えない…。

 

まみかのように軍服の姫君も世界を見て判断したと言っていたが、

作者に関係ない大多数の人を見てもそう感じたということか。

単に創作に関係することだけじゃない可能性もあるか?

 

最後のまみかはカッコ良かった。

 

 

前回:Re:CREATORS(レクリエイターズ)7話考察&感想

Re:CREATORSの別の記事は以下から見れます。

Re:CREATORS(レクリエイターズ)考察&感想まとめ

春アニメの情報はコチラ

この記事もおすすめ

WHITE PLACE(初回生産限定盤B)(DVD付)

新品価格
¥2,523から
(2017/3/19 23:54時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA