【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活23話考察&感想 魔女教倒せず!再び死に戻りするスバル

リゼロ 23話

リゼロ23話は22話の最後でラムが出現させたと幻惑魔法によりスバルと援軍部隊が囚われます。

行き違いがあったためスバルが寝返ったと勘違いしたみたい。

その後はラムも協力して魔女教に当たります。

 

22話でペテルギウスを倒しましたが、魔女教を倒すのはそんな簡単なことではありませんでした。

参考:22話感想&考察

Re:ゼロから始める異世界生活 23話 考察&感想 

リゼロ 23話

*出典:公式サイト

 

ラムはスバルが裏切ったと勘違いし、幻影魔法で援軍部隊を捉えました。

ユリウスの精霊によりなんとか脱出することに成功しました。

一応誤解は解けたので魔女教を対処するために一緒に行動します。

 

22話でエミリアがやっていたことも魔女教への対処のようでした。

毎回失敗していたのはそもそも村人に聞き入れられなかったからのようです。

 

23話の注目ポイントは

  • 魔女教の恐ろしさ
  • 久しぶりの死に戻り

魔女教の恐ろしさ

リゼロ 23話

*出典:公式サイト

ラムの誤解も解き、ロズワール領に入り村人の避難を行いました。

しかし、商人に化けた魔女教に襲われ戦闘になりました。

 

指先もほぼ全て見えざる手を使ってきました。

どうやら倒されると次の指先が見えざる手を持つっぽい?

というかペテルギウスっぽくなってるけど声違うから魔女教はみんなあんな感じなのかな?

一人を森に誘い出しあえて結界を破ることで魔獣に指先を襲わせるのは面白い作戦だった。

エミリアの活躍もあり、全ての指先を倒すことに成功する。

 

今まで魔女教がロズワール領を襲った時とかなり違うことを考えると魔女教は状況に応じてかなり柔軟に行動を変える組織なのかな?

商人に紛れたのは多分初めてだし。

親書が白紙だったのも魔女教の仕業だと思う。

実際同士討ちに近い状況になったし。

久しぶりの死に戻り

リゼロ 23話

*出典:公式サイト

エミリアが最後の指先を倒した後、スバルは異変を感じ森に逃げます。

ペテルギウスに憑依されました。

ギリギリ意識が戻ったりしたが、ペテルギウスを生かす訳にはいかないということでスバルは介錯を望みました。

初めて死に戻りの結果を示さず終わったのでどこに戻るのか気になるところです。

恐らく白鯨を倒したちょっと後ですね。

 

なぜ、スバルがペテルギウスに憑依された理由は恐らくあの本を持っていたからでしょう。

あの本が送られてきたら魔女教に入ることになるらしいのは単純に憑依されるからなのかもしれません。

スバルが元々魔女教に入れる素質があったからという理由もあると思います。

参考:24話考察&感想

まとめ

スポンサーリンク

23話では魔女教討伐の決着がついたと思いきや最後にペテルギウスに憑依されて、再びやり直しになりました。

久しぶりにエミリアが出てきたと思ったらまともに会話せず終わってしまった。

白鯨討伐以降死に戻りしていなかったので、どの辺りに戻るのか気になります。

 

スポンサーリンク

 

“【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活23話考察&感想 魔女教倒せず!再び死に戻りするスバル” への4件のフィードバック

  1. 放課後のリゲル より:

    18話でもスバルはペテさんに憑依されていて、
    その時は福音書を持ってなかったので憑依条件は福音書ではないと思います

    • ラスター より:

      コメントありがとうございます
      そう言われてみるとそうかもしれませんね

  2. 匿名 より:

    実は
    あの商人に紛れ込んだ魔女教はこれまでに登場していますよー。
    スバルがこれまでのループで商人達と接触した際、すでに彼がいます…笑

    • ラスター より:

      コメントありがとうございます。
      ペテルギウス以外の魔女教の区別がまだついてなかったりしますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA