【Aquas】ラブライブ!サンシャイン!! 12話考察&感想 予選突破!μ’sの凄さの理由

ラブライブ!サンシャイン!!12話では無事Aquasのラブライブ予選突破が報告されました。

また、梨子もコンクールで良い成績を収めたようです。

しかし、学校の存続にはまだまだ足りないようなのでμ’sがなぜ学校を存続できたのか?凄さの理由を求めて東京に行きました。

参考:11話考察&感想

ラブライブ!サンシャイン!! 12話考察&感想

ラブライブ サンシャイン

*出典:公式サイト

放送前の予想

11話では梨子はコンクール、Aquasはラブライブ予選とそれぞれの戦いに挑みました。

Aquasは予選ぐらい突破して欲しいですが、練習量は他のユニットより少なそうなので厳しいかもしれません。

梨子の実力ならコンクールは良い成績を収められそうですが、次のコンクールにも出場するとスクールアイドルの練習が少なくなりそうです。

12話はどのような結果になっても今後のAquasにって重要な話になりそうです。

ラブライブ予選突破

無事ラブライブの予選を突破しましたね。

正直練習量もライブでの実践もμ’sより少ない気がするのでよく突破できたなって感じです。

映してないだけで練習もいっぱいしてるし、ライブも学校でやってたりするのかな?

合宿の時μ’sの練習メニューこなせてなかったからそれはなさそうでけど。

しかし、学校の説明会希望者は0人のままでした。

立地の差があるとはいえ、μ’sが同じ時期に達成できたことを達成できなかったことが千歌には堪えたのかもしれません。

それもあってかμ’sのどこが凄かったのか考えました。

μ’sの凄さの理由を求めて東京へ

あそこまで期待させておいてSaintSnowと会うのはダメだと思うぞ。千歌さん。

AquasだけでなくSaintSnowもμ’sやA-RISEの凄さの理由がわからないようでした。

いつかの大会で結果を出せなかったのはそれが理由かもしれませんね。

その後音ノ木坂学院に。

そこにはμ’sの思い出の品などは残っていませんでした。

でもそれが千歌達へのメッセージだったとも言えるかもしれません。

μ’sが卒業しているのでラブライブの映画から3年以上経っているのが確定しましたね。

いつだかの雑誌でほぼ確定だったけど。

3年経っても語り継がれるということからも伝説的なスクールアイドルだったことがわかります。

近くにいた子供が穂乃果に似てる気がしたけど、関係ないと思います。

母親は全く似てなかったし。

関係ないけど近くにいた生徒が物凄く水瀬いのりだった。というかレムだった。

最後の方で出た駅ってμ’sがいつかに行った駅?

東海道線のどっかの駅だった気がするから可能性はありそう。

A-RISEに憧れて穂乃果が始めたμ’sだったけど最終的にはμ’sにしかないスクールアイドルを作り出しラブライブで優勝することができました。

今のスクールアイドルの多くは最初の穂乃果に近い状態だと思います。

しかし、μ’sはμ’sであることを重視し卒業時までそれを貫きました。

思い出の品を残さないというμ’sのみんなで決めた結論を行うことで後発のスクールアイドルもμ’sを目指すことが全てではないことを示したんだと思います。

参考:13話考察&感想

まとめ

スポンサーリンク

ラブライブ!サンシャイン!!も1クールだと思ってたんだけど違うのかな?

それとも次回で最終回なのか?

物語終わる気配ないけど。

むしろ今回の話っていよいよこれからッて感じだったし。

0から1を目指すというAquasの目標ができたので今後は今まで以上に伸びそうです。

なぜ今回はこんなにリゼロを連想させるんだ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする