甘々と稲妻 12話最終回 感想&考察 やっと小鳥の母が登場 最後まで美味しそうな料理だった

甘々と稲妻も最終回を迎えました。

今まで感想考察は書いてませんでしたが最終回なので書きたいと思います。

今回は感想のみをまったりと書こうと思っていましたが考察っぽくなったので考察も込みということで。

ちなみに原作は未読です。

甘々と稲妻 12話最終回 感想&考察

甘々と稲妻 12話 最終回

*出典:公式サイト

甘々と稲妻自体感想を書いたことがなかったのでアニメ全体の感想と12話の感想にわけて書きます。

甘々と稲妻 全話通しての感想と考察

ジャンルとしては難民系ではない日常アニメですが設定は意外と珍しいかなと思います。

先生と生徒が学校以外で一緒に料理を作って食べるというありえなくないけど現実にはほとんどない設定を自然に表現できているのが面白いと思いました。

それ以外の部分がかなり現実感があったから違和感なく見れたのかなと思います。

キャラの存在感はかなり大きかったように思えます。

メインキャラは勿論、普通ならただのモブで終わりそうな幼稚園の友達やママ友(友って言うほどでもないか?)もかなりキャラが立っていました。

キャラの存在感を役割に応じてどれだけ出していくかはかなり重要だなと気付きました。

戦争系の作品だと一般兵などの存在感をどれだけ出すかによって視聴者に与える情報量が変わりますが、他のジャンルでも大事ですね。

やはり甘々と稲妻の一番の見どころは料理でしょう。

食戟のソーマのように別のもの例えて美味しさを表現する作品もありますが、甘々と稲妻はかなり現実で感じる美味しさに近い表現だったと思います。

最近そういう作品は少なかった気がするので逆に新鮮でした。

あとは小鳥役の早見沙織さんの演技が合いすぎてました。

それだけで見ていいと言っても過言ではない。

12話の感想

スポンサーリンク

日常アニメの最終回らしい話だったと思います。

日常アニメはどうまとめても最終回っぽさが薄いので難しいと思います。

最終回で上手くまとめられた日常アニメは神アニメになると思います。

パッと例を思いつかないけど。

先生の嫁さんが亡くなってから1年ってことだったけど、このエピソードわざわざなくても良かった気がする。

時間の経過を表すことで無理やり最終回らしさを出した感。

後半はいい意味でいつも通り。

小鳥の母がやっと来れたからちょっと違う?

途中まで居なかったからある意味変わらないけど。

八木は小鳥の母のファンなのか??

よく考えたら八木いい人すぎる。

友人の子供って普通に他人の子供のはずなのに上手く接してると思う。

そしてお好み焼き美味しそう。

久しぶりに食べたくなったぞ。

全員集合していい最終回だったと思う。

普通に面白かったけど普通を超えられなかったのが残念かな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする