レガリア TheThreeSacredStars 6話考察&感想 レナ達はエリニウスのレガリア!温泉とプールも!

予告動画が公開されてからだいぶ時間が経った気がするレガリア6話。

6話は日常回に近かったですね。

でもそこまでゆっくりしてられないのがレガリアらしいですね。

3人以外のレガリアに始めて会い過去に何があったのかわかりました。

参考:5話考察&感想

レガリア TheThreeSacredStars 6話考察&感想

レガリア

*出典:公式サイト

プールからスタート。

久しぶりの休日って感じですね。

癒される~。

ユイの水着はロイヤルって言えばいいのか?

 

その後は温泉も。

プールも温泉も普通に楽しんでると思いきや大事な話がありました。

レガリアはこういうさりげなさが上手い気がする。

レガリアの過去 エリニウスとは?

6話はレガリアの謎が多くわかりました。

プールやお風呂でサラとティアの過去の話が。

サラとティアが探していたのはレナとケイだったことが判明。

2000年前に会って以来会えなかったらしい。

流石に2000年あれば会えそうな気がするけどレナやケイは何かやってた?

イングリッドの名前が出てこないということは、

イングリッドは正当なリムガルドの王女ってことかな。

お風呂の後夕食の準備をしているとユイに会いたいという連絡が。

レナもティアも他のレガリアには会ったことないとのこと。

確かに2000年も経っていて他のレガリアに合ってないのは不思議だ。

ということで昔からの伝統を守ってそうな国へ。

レガリアしか入ることを許されないエリアって言ってたし、2000年以上前からある国なんじゃないか?

奥に入ると契約者のリュウとレガリアのロウが居ました。

ロウは水を沸かすことのできるレガリアでした。

しかし、もう力はあまり残っていないため目標であるこの地域を緑豊かにすることは果たせなそう。また他のレガリアはもう動かない。

ここで始めてレナやティアはレガリアにも寿命があることを知る。

おそらくロウのように人々の生活を助けるレガリアは常に能力を使っているため、寿命が来るのが早いのだと思う。

レナ達エリニウスのレガリアが持っている力は復讐の力なのであまり使う機会がないため、不死と錯覚していたのだと思う。

リュウはサラとあまり変わらない感じだったことを考えると契約者は不老不死みたいですね。

リュウから2000年前の話を聞くことができました。

2000年前にユリスエクスマキナが世界を滅ぼしかけました。

人々はレガリアに選ばれた最後の3人にエリニウスの復讐の力を持たせて戦ってもらいユリスエクスマキナを封印することに成功しました。

なぜレナ達は自分達が封印したことを覚えていなかったのか?単に話さなかっただけかもしれないけど、ティアなら話しそうだしなぁ。

ところで封印は今どうなっているんだ?そろそろヤバかったりしないの?

イングリッドの目的はそれかもしれないけどそうだったら説明しない理由ないな。

ヨハンの目的は?

イングリッドとヨハンの目的は同じなのか気になります。

ヨハンがケイを動かした時もイングリッドは反対してたし、目的が違う可能性もありますね。

単に方向性の違いだけかもしれないけど。

ヨハンがケイを動かしたのは割りと重要な情報だと思う。

レガリアギアを作ったのもヨハンのようだし、ヨハンがレガリアに関する何かを知っているのは確かか。

エリニウスの3人の誰かの契約者だったという可能性はありそう。

イングリッドはヨハンを利用していて、ヨハンは戦えれば何でもいいっていうのが今のところ一番しっくり来るかな。

スポンサーリンク

まとめ

6話でかなり具体的にレガリアについてわかりました。

そしてやっぱりイングリッドとリムガルド・フォールに謎にぶち当たります。

次回はヨハンとに戦いなのでかなり物語が進みそうです。

もう6話なのにケイのレガリアがまだ出てないのってある意味凄い気がする。

温泉とプールも良かったのでまた見たい。けどもうなさそう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする