幼女戦記 アニメ3話考察&感想 存在Xとの戦いだな

幼女戦記

3話で過去の話が終わり1話の後に戻ってきました。

戦争自体の動きはしばらくなさそうだな。

普通の戦記モノとはちょっと違うな。

 

幼女戦記考察&感想全話まとめ

幼女戦記 3話放送前の予想

幼女戦記

*出典:公式サイト

ターニャは初戦でなんとか生き延び勲章を貰いました。

それなり程度の地位は確保したのでライン戦線でも前線に配備されたのかな?

 

3話は1話直前ぐらいの話になるのかな?

既に2話直後でライン戦線が始まって1話に繋がるなら、主力部隊の再配置が終わった後の話になるけど。

 

プロローグを後にやるのは悪くなかったけど時間軸がわかりにくくなるのが欠点だな。

 

部隊を率いるようになるまでの話をやってない気がするので3話はその辺りをやりそう。 

幼女戦記 3話考察&感想

幼女戦記 3話

*出典:公式サイト

3話は過去話の続きから1話の後の話でした。

2話と3話でどんな話なのかだいたいわかりました。

存在Xとの戦い

幼女戦記 3話

*出典:公式サイト

ターニャは初陣の後、兵器開発に就きました。

運良く後方に回ったと思ったら、開発中の兵器は爆発したりで安全じゃなかった。

対外的な理由で後方配属とのことだったが、なぜ命懸けの任務に就かせたんだ?

才能あるなら失うのは惜しいはずだが…。

 

再度存在Xとの対面。

異世界転生しただけでもう出てこないのかと思ってたら出てきたw

存在Xの目的はあくまでも信仰を芽生えさせることなので、目的のためには手段を選ばない感じなのか。

 

研究者を存在Xの力で導くことで無理矢理研究を成功させた。

さらにターニャは祈りを捧げないと魔法を使えない体に。

実質祈り=呪文みたいな感じで魔法を使えるようになったとも言えるな。

 

幼女戦記は存在Xに振り回されつつこの世界を生き残る話になりそうだな。

何だかんだで安全な道に割りと乗れてるから、これからも存在Xが干渉してきそう

[mobile]

[admo]

[/mobile]

大学へ

幼女戦記 3話

*出典:公式サイト

1話の戦いの後、ターニャは大学に行くことに。

上層部でもターニャの処遇は割れているみたい?

 

ともあれターニャは再び安全地帯に移動することに成功しました。

 

ここで気になるのは戦争の行方です。

いくら安全な場所に居たところで戦争に負けては元も子もありません。

現在ライン戦線は膠着状態にあるようですが、そもそも本体を移動させるという作戦は成り立っていないようなので長くは持たないんじゃないかな。

新たな部隊を編成するという課題もあるようだし、ターニャ1年とかの短い期間大学に行って本体配属というのもありえそう。

 

戦争している以上ターニャはいつか前線に行きそう。

[pc]

[adpc]

[/pc]

まとめ

3話で幼女戦記は存在Xとの戦いの物語ということがわかりました。

ここまで存在Xが干渉してくるとなると、信仰を拒む限り抗い続けるしかありません。

結果的には出世コースを歩んでるし、利用してる気がしなくもないけど、このまま黙ってる存在Xではないだろうな。

 

[mobile]

[admo]

[/mobile]

幼女戦記4話考察&感想

幼女戦記の他の記事は以下から読めます。

幼女戦記考察&感想全話まとめ

幼女戦記 単行本1-6巻セット

新品価格
¥6,480から
(2017/1/2 22:23時点)

TVアニメ「 幼女戦記 」オープニングテーマ「 JINGO JUNGLE 」

新品価格
¥1,296から
(2017/1/2 22:24時点)

この記事もオススメ

にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA